雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
テルさんとボタンゲーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テルさんとボタンゲーム

作・絵: 上地 麻紀
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,700 +税

「テルさんとボタンゲーム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年4月30日
ISBN: 9784797417982

出版社からの紹介

ボタンゲームに夢中だけど負けてばかりのテルさん。それでもやめられないテルさんのもとに現れた友達のモンさんは……。魅惑のゲームにはまったテルさんと、旅が大好きなモンさんの不思議でおかしなものがたり。あたたかな友情を描いた色彩 豊かな絵本。――おおきな風のかたまりがぶうぶう吹く日だって、花たちが吹き飛ばす花粉のせいで目がショボショボになってたまらない日だって、火曜日になればテルさんはでかけていきます。テルさんには、ボタンゲームのない生活なんて考えられません。

ベストレビュー

心豊かに

 「友達っていいな。」と優しい気持ちになるテルさんとモンさんの心温まるお話です。
 大好きなボタンゲームに参加するためには,自分の持っている物を一つだけ持っていかなければなりません。そのために大切ししていたカラフルな地面までもなくしてしまうテルさん。でも,旅に出かけているモンさんから預かっっているイスだけは守り通します。
 旅から帰ってきたモンさんは,テルさんがなくしたカラフルな地面を観て全てを悟ります。そして,再び旅に出る前に内緒でテルさんの地面のあとに種をまいていってくれます。モンさんがまいた種は,テルさんが大好きなボタンゲームに参加できるようにとたくさんの実をつけてくれます。
 自然に,当たり前のようにテルさんとモンさんはお互いを思いやり,友達の温かさを空気のように私たちに与えてくれます。
 絵のタッチもとても綺麗でご婦人やボタンゲームの会長さんも,心に飛び込んでくるような存在感を与えてくれます。
 絵本は絵が命。子ども達に見せたい絵本です。
 
(うふふさん 40代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

テルさんとボタンゲーム

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット