すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

テルさんとボタンゲーム」 みんなの声

テルさんとボタンゲーム 作・絵:上地 麻紀
出版社:新風舎
本体価格:\1,700+税
発行日:2002年4月30日
ISBN:9784797417982
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,755
みんなの声 総数 2
「テルさんとボタンゲーム」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友達を大切に

    絵がとても個性的で、素敵です。

    テルさんの考えてることも、どこか不思議でほんわかした気分になります。
    テルさんとモンさんの友情、お互いへの愛情、優しさが伝わってきます。
    離れていても、お互いのことを大切にできるのが友達なんだな、と思いました。
    友達を大切にしよう、という気持ちになれる作品です。
    文字は少し多めですので、小学校中学年のくらいの時に読みたかったなと思いました。

    掲載日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心豊かに

    • うふふさん
    • 40代
    • せんせい
    • 岡山県

     「友達っていいな。」と優しい気持ちになるテルさんとモンさんの心温まるお話です。
     大好きなボタンゲームに参加するためには,自分の持っている物を一つだけ持っていかなければなりません。そのために大切ししていたカラフルな地面までもなくしてしまうテルさん。でも,旅に出かけているモンさんから預かっっているイスだけは守り通します。
     旅から帰ってきたモンさんは,テルさんがなくしたカラフルな地面を観て全てを悟ります。そして,再び旅に出る前に内緒でテルさんの地面のあとに種をまいていってくれます。モンさんがまいた種は,テルさんが大好きなボタンゲームに参加できるようにとたくさんの実をつけてくれます。
     自然に,当たり前のようにテルさんとモンさんはお互いを思いやり,友達の温かさを空気のように私たちに与えてくれます。
     絵のタッチもとても綺麗でご婦人やボタンゲームの会長さんも,心に飛び込んでくるような存在感を与えてくれます。
     絵本は絵が命。子ども達に見せたい絵本です。
     

    掲載日:2002/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おじいちゃんわすれないよ / かわいいひかりのこたち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット