となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
けいとだまころり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

けいとだまころり

作: クロダ チコ
絵: 鈴木 康治
出版社: 文芸社

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「けいとだまころり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

おばあちゃんのことが大好きなちいちゃんと、ちいちゃんをいつも優しく見守るおばあちゃんがいっしょにすごした、冬の一日のひとときを描きます。いつもはかけていない小さな眼鏡をかけたおばあちゃんは、こたつで何かを編んでいます。編み物の毛糸につながってころころと転がる毛糸だまを見つめるちいちゃんは……。すべてを受け入れてくれる人との思い出は、きっと生きる力になる――。

ベストレビュー

子育てについて考えさせられた

内容としては、祖母と孫の日常をかいたもの。
主人公のちいちゃんが見たり感じたりしていること。
おばあちゃんの深い愛情。
人が人として育つ中で、必要なものがこの絵本にはありました。
自身の子育てについても、反省と希望を持つことが出来る絵本でした。

また、大きすぎず小さすぎず、
普段使っている鞄に入れることができるので、
子供と出かける時によかったです。

ほんわりとした温かさが伝わるようで、
また、絵も可愛いとあってか、
子供は「ちいちゃん読んでー」と気に入っている様子です。
(ママ・シさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 康治さんのその他の作品

おとしもの



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

けいとだまころり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット