あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
月のみずうみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月のみずうみ

作: イワン・ガンチェフ
訳: 片岡 しのぶ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「月のみずうみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

美しい水彩画にひきこまれます。

藍やグレーの濃淡が美しい水彩画の表紙には切り立った岩場と一匹のキツネ、空に浮かぶ輝く月が描かれています。キツネのいる辺りはぽぉっと明るく輝いているようです。
高い高い山の奥の暗い谷間にある湖。そこにはこんな言い伝えがありました。
お月さまが時々空から下りてきて冷たい湖で水浴びをする。
水浴びした月がぷるぷるっと体を震わせると、飛び散ったしずくが美しい宝石になるという。
しかし誰もこの湖がどこにあるのか知りません。ただひとりその場所を知っていた羊飼いが死んでしまい、孫のボルカが偶然この湖に行きついて宝石を手にします。
昔話によくあるような、純真な少年と欲深い権力者が出てくるストーリーですが、定番がゆえの力強さのようなものがあるのですね。
夜眠る前に娘に読んでやりましたが、読み終えた後すぐに「もう一回読む!」というのです。最近なかったことなので驚きました。これがこの物語の力なんだな、と感じました。
どのページもとても美しい水彩画で、少しレトロな感じもあります。日本人好みな感じの絵だと思います。
図書館で見つけたのですが、絶版のようですね。もったいないです。
別の方の訳で、タイトルも違っていますが、この作品と思われる物語が後に講談社から出版されているようです。表紙をみたところ、描き直しされているようですが。
いつか見比べてみたいと思います。
(soyosoyowindさん 40代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ


イワン・ガンチェフさんのその他の作品

いろいろいろ / しあわせみつけた / みずうみのたから / おかのうえのおおきな木

片岡 しのぶさんのその他の作品

だれにも話さなかった祖父のこと / バーナムの骨 ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語 / ブラック・ドッグ / 最古の魔術書 (1) エメラルド・アトラス  / 千年の森をこえて / 変わり者ピッポ



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

月のみずうみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット