宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
講談社青い鳥文庫 風の館の物語(1) 心をもつ館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 風の館の物語(1) 心をもつ館

  • 児童書
著者: あさの あつこ
画家: 山田J太
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥620 +税

「講談社青い鳥文庫 風の館の物語(1) 心をもつ館」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784062853323

小学中級から
サイズ:新書判
ページ数:212

出版社からの紹介

あさのあつこが放つ、ミステリアス・ファンタジー。
「風の館」で暮らすことになった姉妹に、次々と不思議なできごとがふりかかる!

母の入院で、しばらくの間、田舎町の親戚の家に世話になることになった小学6年生の水内洵(じゅん)と5歳の妹・沙菜。姉妹が訪れたその家は、地元の人たちが「風の館」と呼ぶ、大きなお屋敷だった。
突然、台風のような激しい風が部屋に吹き込んでくるなどの不思議な現象にとまどいながらも、どうにか館での暮らしに慣れてきたある夜、洵の前に少年の幽霊があらわれる。
その翌日、それまで洵と会うことを拒んでいた「風の館」の当主、風間琴音が洵たちを自室に招き入れる――。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

にゃん!鈴江藩江戸屋敷見聞帳 / くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物

山田J太さんのその他の作品

IQ探偵ムー 夢羽、ホームズになる!<下> / IQ探偵ムー 夢羽、ホームズになる!<上> / ポプラカラフル文庫 IQ探偵ムー 元の夢、夢羽の夢 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界 / ポプラカラフル文庫 IQ探偵ムー 夢羽、マジシャンになる。<下> / ポプラカラフル文庫 IQ探偵ムー 夢羽、マジシャンになる。<上>



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

講談社青い鳥文庫 風の館の物語(1) 心をもつ館

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット