くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
スティーブ・ジョブズの生き方
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スティーブ・ジョブズの生き方

  • 児童書
著: カレン・ブルーメンタール
訳: 渡邉了介
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「スティーブ・ジョブズの生き方」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784751522233

中学生
四六判 352頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

中学生から読めるスティーブ・ジョブズの伝記!

養父母との関係、デキすぎるがゆえに問題児となってしまった小学生時代。
「もしも、この人に出会っていなかったら、ぼくは間違いなく刑務所行きになっていた」とジョブズ自身が語る先生との出会いなど、ユニークなエピソード満載の幼少時から、大学中退後に本格化した自分探しの旅や、父親になることを受け入れられなかった二十代、アップル創業者としての仕事ぶりなど、2011年10月5日に亡くなるまでのジョブズの軌跡を、わかりやすくたどる伝記です。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」で活躍しながら、30年近い年月、アップルとジョブズを追い続けてきた著者カレン・ブルーメンタールは、2011年初めにハーバード・ビジネス・スクールで取り組んだ共同研究をもとに、10月5日にジョブズが亡くなった後、彼の死を悼む人々の言葉や報道にも目を配り、本書を書き下ろしました。

長いスパンでジョブズを見てきたジャーナリストならではの充実した内容ながら、若い世代にこそ、この偉人であり奇人でもある一人の男の生涯を知ってほしいと考えた著者は、子どもも楽しんで読めるように、構成を工夫し、用語解説も付けました。

子どもも親も読める1冊。そして、生きていく上で大切なヒントが学べる1冊です。

中学校で習う漢字からふりがなが付いています。
ジョブズ年譜・用語解説・索引付。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

渡邉了介さんのその他の作品

ぼくんちのテディベア騒動 / ジンゴ・ジャンゴの冒険旅行



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

スティーブ・ジョブズの生き方

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット