貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
落語まんが じごくごくらく伊勢まいり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

  • 児童書
漫画: 久住 卓也
文: 桂 文我
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年01月20日
ISBN: 9784494020379

21.5×15.3cm/128頁

出版社からの紹介

ある日、仲よしの喜六(きろく)と清八(せいはち)は、お伊勢参りの旅に出かけることになりました。この時代、お伊勢参りは、憧れの一大レジャー。行き帰りに8〜10日かけての贅沢な旅で、着物や笠を新調して出かけます。途中、七度狐に化かされたり、見せ物小屋で騙されたり、役人につかまりそうになったりしながら、なんとかお伊勢さんに到着します。喜六と清八のやりとりが軽妙で、親しみやすく、上質の笑いに心休まる読後感です。

落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

ベストレビュー

珍道中ってこんな感じ

本当は兄ちゃん向けな気持ちで借りてきたけど、
意外と次男坊が喜んでくれてたので、一応次男坊で登録。

大阪の喜六(きろく)と清八(せいはち)が伊勢参りに行こうって
旅に出て〜という珍道中の落語まんがです。

中は全部マンガの形で、マンガ慣れした子供なら楽に読めます。
漢字は全部ルビ付だから、気になった次男にも読めたようで。
話の合間には桂文我さんによる落語的な解説が入ってて
「へぇ〜」でした。

落語ではよくある、お茶屋で注文したら、「ない、ない」ってなるものや
キツネに化かされるものなど、大人ならどっかで聞いたことが
あるものですが、子どもたちは大笑いしてました。

なかなか落語を聞く機会はないけれど、
こういう形とはいえ、落語って面白いんだな〜ってしみじみでした。
(わにぼうさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


久住 卓也さんのその他の作品

かん字のうた / 紙芝居 おすしのみいちゃん どーこだ!? / 人とからだ のことわざ 調べて使える! ことわざブック (2) / まる・さんかく・しかく / むしたちのサーカス / 紙芝居 ふうちゃんのおつかい

桂 文我さんのその他の作品

おしりつねり / らくごえほん 月きゅうでん / らくごCD絵本 おやこ寄席 / 落語えほん しまめぐり / 紙芝居 夏のいしゃ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(22) ふたりでひとり



人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット