だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

エブリリトルシングクワガタと少年」 みんなの声

エブリリトルシングクワガタと少年 作:大村あつし
絵:トミナガマキ
出版社:ゴマブックス
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784777107278
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「エブリリトルシングクワガタと少年」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間として一番大切なことが凝縮

    11歳の息子に読み聞かせましたが、途中から、読んでいる私が泣いてしまいました。

    「あー、恥ずかしい」と思ったのですが、隣で聞いていた主人も泣いていました。

    息子は、迷うことなく読書感想文の一冊に選びました。

    私が知る限り、情操教育に最適の本です。

    また、障害者教育にも大いに役立ちます。

    この本が道徳の教科書に載ったら、日本という国は変わると思います。

    子どもが昆虫売場で1本足のない5本足のクワガタを買う。

    ただそれだけの話なのに、人間として大切なことが凝縮されています。

    私の息子のように小学校高学年でしたら、「クワガタと少年」が収録された「エブリ リトル シング」をお勧めします。

    絵はありませんが、温かい話が6話収録されていて、値段も「エブリ リトル シング」のほうが安いです。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット