ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「ハムスターのビリー」シリーズ翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

「ハムスターのビリー」シリーズ翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

ハムスター「てをあげろ!」
ミミズ「ぼく、てがないんだけど・・・」

こんな楽しい絵本があるのを知っていますか?作者はオランダの絵本作家、カタリーナ・ヴァルクスです。
とぼけたキャラクターが可愛い「ハムスターのビリー」シリーズ、『てをあげろ!』『つかまえろ!』『インディアンはどこ?』3冊出版にあたり、訳者のふしみみさをさんにお話をうかがいました。
フランス語と英語の子どもの本を多数翻訳しているふしみさんは「あったかくて、へんてこりんなカタリーナ・ヴァルクスの絵本がだいすき」。じつは夏の間、アムステルダムのカタリーナさんの家に間借りしていたというエピソードも飛び出して・・・!?
わたしたちがふだん知ることができない素顔のカタリーナ・ヴァルクスさんと、その作品世界をふしみさんのインタビューからお楽しみください。最終ページには、カタリーナさんから日本の子どもたちへ、メッセージが届いていますよ!

とぼけた可愛さがたまらない! オランダ生まれのハムスター・カウボーイ、ビリー。

───こんにちは。今日はカタリーナ・ヴァルクスさんの絵本についてたっぷりお話が聞ける、と楽しみにしていました。

今朝、わたしも、「きょうはカタリーナの絵本の話をたくさんしてくるよー」とカタリーナにメールしました(笑)。

───ふしみみさをさんは、ヨーロッパ各国の作家さんに会いにいったり、日本語訳出版にあたって表紙や中身の変更を交渉なさったりと独特のフットワークがありますよね。以前、絵本ナビに来てくださったとき(2013年4月)に、「カタリーナ・ヴァルクスの絵本がだいすき」とおっしゃっていましたが、カタリーナ・ヴァルクスさんの絵本を知ったのはいつでしょうか。絵本が先? それともご本人にお会いしたのが先ですか?

絵本が先です。翻訳の仕事をはじめてしばらくは彼女のことを知らなかったんです。2006年か2007年頃だったかな、『リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう』を紹介され、わ〜、これはすてき、と思いました。その後『トトシュとキンギョとまほうのじゅもん』『コートかけになったトトシュ』など、リゼッテやトトシュのシリーズを訳しました。
2011年にキティ・クローザー(ベルギー在住の絵本作家)に会いにいくことになって、そうするとベルギーからオランダのアムステルダムは電車で1時間くらいなんですね。キティとカタリーナも仲良しだというし、せっかくだからカタリーナに会ってみたいなあと、ベルギーからそのまま、アムステルダムをたずねたのが彼女に会った最初です。
まるで作品の登場人物を彷彿とさせるような、シンプルであたたかくて、自然体のなかに、どこかにじみ出てくるおかしさがあって、とても魅力的な女性でした。

───そのすこし前に『てをあげろ!』がフランスで出版されていると思いますが、目にしたときの印象はいかがでしたか。


一瞬で「うわぁっ」と心をつかまれてしまいました。だって、ミミズですよ。手も足もないミミズにむかって、「てをあげろ!」って・・・(笑)。
フランス語で「手」を「main(マン)」というんですけど、原書では「pattes(パット)」という「脚」を意味する言葉がつかわれています。日本語では「てをあげろ!」にしましたが、フランス語でタイトルを見ると「Haut les Pattes!」「手も足もあげて!」みたいな感じなの。よけいおかしいんです(笑)。

───ほんと、手足のないミミズが「てをあげる」なんてぜったいむりですよね(笑)。

カタリーナ・ヴァルクスのお話世界は、子どもの本でめったに見かけない登場人物でいっぱい。
ミミズ、毛玉、ムール貝、赤アリ、かたいっぽうのくつした、ダニ・・・。へんなものがいろいろ出てくるんですよ。


未翻訳の童話。左の本の主人公は、毛玉。「毛玉が主人公なんて、聞いたことない!と思いませんか?」とふしみさん。右の本の主人公のひとりは、ムール貝。ある日、ムール貝からウサギに、「わたしはあなたのいとこです」という、お手紙が来たところから始まります(笑)。とんでもなく予想外、もうたまらないでしょう?






───(笑)じゃあ、そのへんてこな「ハムスターのビリー」シリーズの登場人物を紹介してください!



てをあげろ!
てをあげろ!の試し読みができます!
作:カタリーナ・ヴァルクス
訳:ふしみ みさを
出版社:文研出版

ハムスターのビリーのパパは、有名なギャング。でも、息子のビリーはやさしくて、ギャングには向いてないみたい。 パパは「練習をしてこい」と言って、ビリーを外に出すけれど……?

───えっ、ちっちゃなハムスターがギャング? 一番のお友だちは、ミミズ!?
お話の設定がとっぴょうしもないし、どんなストーリーだろうと一瞬キョトン(笑)。同時にすごくワクワクします!

ある日ビリーは、こわもてのパパに「おまえは、あまりにせいかくがよすぎる」「このままだとりっぱなわるものになれないぞ」といわれて、相手をおどす方法を練習しに出かけます。ふつう、世の子どもたちは「やさしくしなさい」「やさしい子になりなさい」っていわれて育つのに、この場合反対(笑)。ビリーは「あまりに性格がよすぎる」って、たしなめられちゃうんです(笑)。
パパがふるい拳銃、ベルト、ふくめん、ぼうしを出してくれるけど、拳銃には弾もはいっていなくてからっぽ。
ビリーは「なるべくちっちゃいあいてでれんしゅうしたほうがいいな。あっ、あそこにミミズがいるぞ。ミミズならなんとかなるかな」と・・・

───もうしわけなさそうなミミズ。しかも名前は、りっぱなフランス風の、ジャン=クロード。かわいい〜。

「いいよいいよ。どうせこれ、れんしゅうだから」って、ビリーはミミズと友だちになっちゃいます。おどしにいったのにね(笑)。
こんどはねずみの女の子、ジョゼットに「てをあげろ!」というけど、ジョゼットは「ついでにあしもあげてあげる。ほら、これでどう?」「うん、ばっちり」だなんて、もう何やってるんだかわからないですよね(笑)。ジョゼットはさかだちまでしてあげて、おもしろそうだからとビリーたちについていきます。ところがこわいキツネにジャン=クロードがつかまって、さあどうなる!?というお話です。

───お話のはじめからおわりまで、ビリーたちのかけあいが絶妙です!


最後、あたらしい友だちをぞろぞろ引き連れてかえってきたビリーに、ビリーのパパはヘーゼルナッツのチョコレートがけを出してくれます。
「ハムスターのビリー」シリーズは、必ずおしまいにみんなでおやつをたべて、もごもご口にほおばりながら終わるんですよ。日本の「サザエさん」じゃないけど、カタリーナが子どもの頃から好きで読んでいたコミック・アニメが、いつもみんなでごはんを食べて終わるので、同じようにしたかったそうです。

───だからいつも、おわりのページで、ほんわかするんですね。


クスッと笑えて、読み終わったあとは心がポカポカあったかくなる。この読後感が、カタリーナの絵本の特徴のひとつです。カタリーナはお話をつくることについて、こういっています。
「わたしは悲しい話やこわい話は書きたくない。子どもたちにはただでさえ、闇や学校など、こわいものがたくさんある。子どもたちを笑わせて、今いる世界を好きになってもらいたい。そのためにはげましやなぐさめになるような話が書きたいの」と。
そうカタリーナから聞いたとき、だからいつも読んだあとに、自分を肯定されているようなやさしい気持ちになるんだなあ、と思いました。

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー
【0歳】絵本ギフトセット

ふしみ みさを

  • 1970年埼玉県生まれ。上智大学仏文科卒。絵本を好きになったきっかけは、子どもの頃父親が、自分や近所の子を主人公にして漫画付きのお話をしてくれたこと。20歳の時、パリと南仏エクサンプロヴァンスに留学。洋書絵本卸会社、ラジオ番組制作会社、餃子店経営を経て、海外の絵本や児童書の翻訳、紹介につとめている。ペットは、顔、頭、目、耳、鼻、性格ともに悪い、忠義心のないラブラドール。
    おもな訳書に『うんちっち』(あすなろ書房)、『トラのじゅうたんになりたかったトラ』(岩波書店)、『どうぶつにふくをきせてはいけません』(朔北社)、「せんをたどって」シリーズ(講談社)、『トトシュとキンギョとまほうのじゅもん』(クレヨンハウス)、『ホラー横町13番地』(偕成社)、『おやすみ おやすみ』(岩波書店)、「ハムスターのビリー」シリーズ、『ゾウの家にやってきた赤アリ』『大スキ! 大キライ! でも、やっぱり…』(ともに文研出版)など多数。

カタリーナ・ヴァルクス

  • 1957年オランダ・デビルト生まれ。18歳までフランスで暮らす。フローニンゲン美術大学卒。芸術家として活躍後、息子の誕生を機に子どもの本を作りはじめ、温かさととぼけたユーモアにあふれる作品をつぎつぎと生みだしている。アムステルダム在住。おもな著作に、「ハムスターのビリー」シリーズ、『ゾウの家にやってきた赤アリ』(ともに文研出版)、『リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう』(クレヨンハウス)などがある。

作品紹介

てをあげろ!
てをあげろ!の試し読みができます!
作:カタリーナ・ヴァルクス
訳:ふしみ みさを
出版社:文研出版
つかまえろ!
つかまえろ!の試し読みができます!
作:カタリーナ・ヴァルクス
絵:ふしみ みさを
出版社:文研出版
インディアンはどこ?
インディアンはどこ?の試し読みができます!
作:カタリーナ・ヴァルクス
訳:ふしみ みさを
出版社:文研出版
ゾウの家にやってきた赤アリ
ゾウの家にやってきた赤アリの試し読みができます!
作・絵:カタリーナ・ヴァルクス
訳:伏見 操
出版社:文研出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット