すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
詩を書くということ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

詩を書くということ


出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年06月03日
ISBN: 9784569784052

中高生
大人

出版社からの紹介

ロングセラー翻訳絵本『にじいろのおさかな』(マーカス・フィスター作)、『スイミ』(レオ・レオニ作)をはじめ、話題の絵本『かないくん』(絵・松本大洋)の作者で絵本ファンにもおなじみの、詩人・谷川俊太郎さん。

本書は、谷川さんがNHKBSプレミアムの番組「100年インタビュー」のインタビューに答え、その生い立ちから青春時代、詩人になったきっかけ、詩作の裏側までをありのままに語った一冊です。

インタビューのほかに、朗読で大人気の「かっぱ」「ばか」から代表作「さようなら」「生きる」まで、11作品も収録しています。

「詩を書きたいとも思っていなかったし、詩人になりたいとも思っていなかった」という谷川さんが、17歳の頃に友だちに誘われて詩のようなものを書いて以来60年以上、詩集にとどまらず、歌の作詞(校歌や合唱曲、アニメ「鉄腕アトム」などの主題歌)、絵本、翻訳、脚本、朗読でずっと活躍を続けてこられたのはなぜか。生き方、考え方のヒントが語られています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

あみだだだ / ピクニック / かないくん / あーん / 英語でもよめる スイミー / かぼちゃごよみ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

詩を書くということ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット