貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ねずみのすもう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみのすもう

作: 川崎 洋
絵: 赤坂 三好
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねずみのすもう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

読みやすい昔話

いわゆる昔話というお話を、よく考えたらあまり読んだことがない、と気がついた私。
でも、自分自身は、昔話をようく覚えているのですよね。
教訓じみているかもしれません。
暗い話や、見もフタもない話もあるかもしれません。
でも、それだけ、昔話は、印象に深いということなのですよね。
これを息子に味合わせないわけにはいきません。

けれど、これがなかなか難しい。
昔話の絵本は、「方言」で描かれた物がなぜか多い。
文章理解が、まだ、そこまですすんでいない息子には、この方言がどうしても理解の妨げになってしまうのです。
うちは転勤族なので、私自身は、土地の方言は大変興味深く思っておりますし、またどの地方の方言も、味わい深く、大好きなのですが…。
賛否両論あると思いますが、まずは分かりやすい文章で入門し、ステップアップしてから、方言版を読み聞かせたいと思ってしまうのです。

これは、フレーベル館から発行されている日本むかしばなしライブラリーの中の一冊です。
実に分かりやすい言葉で書かれている上に、言葉もリズム感があって、読みやすい。
絵も、可愛らしさの中に、昔話風のタッチで、よく出来ています。
まさに、私の求めている昔話の絵本でした。
おまけに、幼い頃から、私が大好きなお話でしたし!
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

川崎 洋さんのその他の作品

かん字のうた / しょうがつが くると / ぼうしをかぶったオニの子 / イソップどうわ 2 / イソップどうわ1 / それからのおにがしま

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / ふしぎな黒イヌ / はだかの王さま / あわてんぼうのニワトリねえさん / ヒツジのおやこのおくりもの / 赤ちゃんをまもったサル



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

ねずみのすもう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット