新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ねずみのすもう

ねずみのすもう

作: 川崎 洋
絵: 赤坂 三好
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

税込価格: ¥880

「ねずみのすもう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784577014141

ベストレビュー

読みやすい昔話

いわゆる昔話というお話を、よく考えたらあまり読んだことがない、と気がついた私。
でも、自分自身は、昔話をようく覚えているのですよね。
教訓じみているかもしれません。
暗い話や、見もフタもない話もあるかもしれません。
でも、それだけ、昔話は、印象に深いということなのですよね。
これを息子に味合わせないわけにはいきません。

けれど、これがなかなか難しい。
昔話の絵本は、「方言」で描かれた物がなぜか多い。
文章理解が、まだ、そこまですすんでいない息子には、この方言がどうしても理解の妨げになってしまうのです。
うちは転勤族なので、私自身は、土地の方言は大変興味深く思っておりますし、またどの地方の方言も、味わい深く、大好きなのですが…。
賛否両論あると思いますが、まずは分かりやすい文章で入門し、ステップアップしてから、方言版を読み聞かせたいと思ってしまうのです。

これは、フレーベル館から発行されている日本むかしばなしライブラリーの中の一冊です。
実に分かりやすい言葉で書かれている上に、言葉もリズム感があって、読みやすい。
絵も、可愛らしさの中に、昔話風のタッチで、よく出来ています。
まさに、私の求めている昔話の絵本でした。
おまけに、幼い頃から、私が大好きなお話でしたし!
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ねずみのすもう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら