貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
花の都/てんしき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花の都/てんしき

作: 桂 小南
絵: ひこね のりお
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「花の都/てんしき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

知らないことばを人にきけないばっかりに、みんながとんちんかんな会話をするお話「てんしき」と、神さまにもらったふしぎなうちわで、とんでもない悪さをするお話「花の都」。

ベストレビュー

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ですね

 娘が『じゅげむ』に続いて読みたがっていた落語シリーズです。笑いながら読んでいました。
自分で読めるようになる小学生頃がおすすめです。
 
 『てんしき』は本当に知ったかぶりはいけないなあ・・・と思いました。
 体の調子がよくない、おしょうさま。お医者様に診てもらうと、「てんしきはありますか」と聞かれます。
『てんしき』という言葉がわからない、おしょうさま。見栄を張って知ったかぶり。小僧さんに『てんしき』を借りてくるように言います。
 小僧さんは『てんしき』を借りに、あらもの屋、お花屋に行きますが、売り切れた、食べちゃったとかで手に入れることはできません。
 結局『てんしき』とは○○○の事だったのですが・・・
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥ですね。
 娘もおちを知るまでは何だろ??とワクワク。おちを知ってからも何回も読んでました。
 
 『花の都』の方は、鼻をのばせる魔法のうちわを手に入れた主人公。うちわを扇ぎ、芸者の鼻をのばしにのばして、鼻の上をどんどん走っていくと江戸から京都まで走ってきていましたというお話。
 鼻の上って乗れるん?走れるん?どこまでいくんよなあ・・・と興味は尽きない様子でした。
(ぐるんまさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

桂 小南さんのその他の作品

じゅげむ/目黒のさんま / まんじゅうこわい/平林

ひこね のりおさんのその他の作品

大笑い!東海道は日本晴れ!!(3) いざ、京都・大坂へ / 大笑い!東海道は日本晴れ!!(2) はてしなき珍道中 / 大笑い!東海道は日本晴れ!!(1) さらば、花のお江戸 / あみちゃんとやさいのでんしゃ



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

花の都/てんしき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット