新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
花の都/てんしき

花の都/てんしき

作: 桂 小南
絵: ひこね のりお
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784323040738

出版社からの紹介

知らないことばを人にきけないばっかりに、みんながとんちんかんな会話をするお話「てんしき」と、神さまにもらったふしぎなうちわで、とんでもない悪さをするお話「花の都」。

ベストレビュー

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ですね

 娘が『じゅげむ』に続いて読みたがっていた落語シリーズです。笑いながら読んでいました。
自分で読めるようになる小学生頃がおすすめです。
 
 『てんしき』は本当に知ったかぶりはいけないなあ・・・と思いました。
 体の調子がよくない、おしょうさま。お医者様に診てもらうと、「てんしきはありますか」と聞かれます。
『てんしき』という言葉がわからない、おしょうさま。見栄を張って知ったかぶり。小僧さんに『てんしき』を借りてくるように言います。
 小僧さんは『てんしき』を借りに、あらもの屋、お花屋に行きますが、売り切れた、食べちゃったとかで手に入れることはできません。
 結局『てんしき』とは○○○の事だったのですが・・・
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥ですね。
 娘もおちを知るまでは何だろ??とワクワク。おちを知ってからも何回も読んでました。
 
 『花の都』の方は、鼻をのばせる魔法のうちわを手に入れた主人公。うちわを扇ぎ、芸者の鼻をのばしにのばして、鼻の上をどんどん走っていくと江戸から京都まで走ってきていましたというお話。
 鼻の上って乗れるん?走れるん?どこまでいくんよなあ・・・と興味は尽きない様子でした。
(ぐるんまさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,540円
649円
1,430円
814円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
2,750円
440円
825円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

花の都/てんしき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら