いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
ベルのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベルのともだち

  • 絵本
作: サラ・スチュワート
絵: デイビッド・スモール
訳: 福本友美子
出版社: アスラン書房

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ベルのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784900656451

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お母さんは忙しすぎ、お父さんは外出ばかりで、面倒を見てもらえないベル。そんなベルを、つかず離れず見守ってくれるのが住み込みの家政婦のビー。ふたりは、一緒に一週間の決まった仕事をし、仕事が終わると海辺へでかけます。
ベルのお手伝いは、どちらかというとビーの足手まといなのだけれど、ビーは巧みな言葉掛けでベルをみちびいていきます。まるで、母親のように。
ところがある日、ベルは一人で海辺へ出かけ波にさらわれてしまいます。危ういところを、ビーが着の身着のまま海に飛び込んで、助けてくれます。
実の親以上に、親身になって気遣ってくれたビーは、その後のベルの生き方を方向付けてくれた、忘れることの出来ない「ともだち」。

ベストレビュー

ベルとビーの絆

お父さんもお母さんもいつも出かけてしまうベルに
とってビーは大事なともだち。
ビーは住み込みのお手伝いさん。
なんでもやりたがるベルにはうるさいことを言わない。
ベルが海でおぼれかけたとき、ビーは必死に駆けつけて救い出し、
顔を両手で覆って泣いていた。ビーがいたから今の私がある・・。
ビーのベルを見守る温かい眼差しと心からの愛情。
血のつながりはないけれど強い絆で結ばれていた2人に胸が熱くなりました。
〜 だれからもふりむいてもらえない子どもたちに目をかけ、
その人生を救ってくれた世界じゅうの人びとに  
とりわけ、オラ・ビートリス・スミスに〜 と裏表紙にあります。
実在した人物なのですね。ますますジーンときました。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サラ・スチュワートさんのその他の作品

エリザベスは本の虫 / リディアのガーデニング

デイビッド・スモールさんのその他の作品

ぼくのブック・ウーマン / まあ、なんてこと!

福本 友美子さんのその他の作品

おさるのジョージ ほんやさんへいく / おさるのジョージ バスケットボールをする / ぽちっと あかい おともだち / おはよう、はたらくくるまたち / なるほどわかった コンピューターとプログラミング / おひるねしましょ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

ベルのともだち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット