たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ヒラP21さんの公開ページ

ヒラP21さんのプロフィール

パパ・60代・千葉県

自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、障害者関連施設、高齢者福祉施設と新境地を開拓中です。

読み聞かせおすすめコーナー

公開

ヒラP21さんの声

5086件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ユニークだけど楽しい家族  掲載日:2017/5/22
うちってやっぱりなんかへん?
うちってやっぱりなんかへん? 作: トーリル・コーヴェ
訳: 青木 順子

出版社: 偕成社
当事者から考えると変な気がするかもしれないけれど、決して変な家族ではありません。
ユニークだけど、愛情たっぷりの楽しい家族でした。
当たり前のように思っていた友だちの家の方が、離婚してしまって寂しい家族になってしまいました。
ユニークで個性的な絵の方が、やっぱりなんか変な感じがしてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこの生活  掲載日:2017/5/22
ねこのせんちょう
ねこのせんちょう 作・絵: マドレーヌ・フロイド
訳: 木坂 涼

出版社: らんか社
愛猫家には、納得の一冊かもしれません。
「せんちょう」と名づけられたねこの生活を描いた、とてもシンプルな絵本の中で、そのしぐさがとても可愛くて、見ながら頷いてしまいました。
ふだんの生活はよく知っているつもりでも、「せんちょう」の秘密の時間にも説得力があります。
我が家のねこも、ごろごろ言いながら、ねこを被っているのかも知れません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 口からでまかせはほどほどに  掲載日:2017/5/22
いいわけサウルス
いいわけサウルス 文: おおなり 修司
絵: 丸山 誠司

出版社: 絵本館
よくもまあ次々と嘘八百が出てくるものです。
誰も信じてないし、たかしくんがどんどんういていくことがよくわかります。
お母さん怪獣がやって来るのは笑えるけれど、自分が怪獣になってしまっていることに気づくことが大事かな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がいいです  掲載日:2017/5/22
さるの こしかけ
さるの こしかけ 作: 宮沢 賢治
絵: さいとうよしみ

出版社: 小学館
初めて読む作品です。
イメージしにくい内容ですが、さいとうよしみさんの絵でとても饒舌になりました。
さるを見かけてから、夕ごはんだと声をかけられるまで、楢夫は浮遊体験をしてたのでしょうか。
さるたちの表情が印象的です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもたちに教えられて  掲載日:2017/5/22
しあわせのドクターイエロー
しあわせのドクターイエロー 絵: 溝口 イタル
出版社: 交通新聞社
障害者の放課後学童保育デイサービスで読み聞かせを続けているのですが、電車に興味を持つ子どもたちが多くて、電車に乗りに行ったり、鉄橋を渡る電車を見に行ったりする機会がとても多い日々です。
そんな子どもたちに黄色い新幹線があることを教わって、見つけた絵本です。
新幹線の安全走行を守るために、こんな電車が活躍していることを初めて知りました。
中まで説明していて、とても参考になりました。
今度は本物も見てみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑える緊張感  掲載日:2017/5/22
ぼくのきんぎょをやつらがねらう!
ぼくのきんぎょをやつらがねらう! 著: 武田 美穂
出版社: 小学館
夜店で買った金魚を宝物のように思うぼうやは気が気ではありません。
目を離したすきを狙っている悪者たちから守らなければ、食べられてしまうかもしれない。
心配が絶えなくて、何事にも集中できないので怒られてしまう始末。
シチュエーションとしてよくわかるだけに、最後のどんでん返しはよく効きました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とんでもない力作です  掲載日:2017/5/22
こわいい動物
こわいい動物 作: ロアルド・ダール
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 灰島 かり

出版社: 評論社
かなりブラックです。
かなりおげれつです。
いきなりブタが飼い主を食べてしまうところでぶったまげました。
かなり強引な言葉遊びです。
ロアルド・ダールさんのハチャメチャな(?)原作の雰囲気を大切にした超訳さでしょうか。
訳者が灰島かりさんであることに、さらにビックリしました。
あまりに意外性一杯の作品です。
恐る恐る読み進んで、読み終えてほっとしたのですが、食前には読まない方が良さそうです。
でも、面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊び心のある絵本  掲載日:2017/5/16
おおかみだあ!
おおかみだあ! 文: セドリック・ラマディエ
絵: ヴァンサン・ブルジョ
訳: たにかわ しゅんたろう

出版社: ポプラ社
遊んでいるのか遊ばれているのか、シンプルな絵本の中で、おおかみの存在感で埋め尽くされています。
言われるままにページをめくったり、振ってみたり、傾けてみたりひっくり返してみたり…。
あっという間に終わってしまったと思ったら、ふりだしに戻って、エンドレスの絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 井上洋介さんの絵の迫力  掲載日:2017/5/16
きんのつののしか
きんのつののしか 文: 宮川やすえ
絵: 井上 洋介

出版社: 復刊ドットコム
前に井上洋介さんの『どろにんぎょう』を読んだのですが、基になっているお話は同じですね。
絵の迫力については、こちらの方が衝撃的です。
自分を作ってくれたおじいさんを呑み込んでしまったり、それではもの足らず、次々と人間たちを呑み込んでいくどろにんぎょうの、卑劣さと醜さはなんとも言えません。
救世主の鹿が、それほど強そうに思えない意外感も印象的でした。
なんにせよ、こんなにんぎょうを作らないようにしなければ、国は滅びてしまいますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スズキコージ ワールド  掲載日:2017/5/16
アッチコッチソッチの歌
アッチコッチソッチの歌 著: スズキ コージ
出版社: 未知谷
いろんな絵本で見たような、スズキコージさんの画集です。
ストーリーはありませんが、いろんなお話が溢れてきて、誘いかけてくるように思います。
スズキコージさんの思うがままの絵を集めると、とってもエネルギッシュな絵本になるのだと、ただただ圧倒されてしまいました。
ページを開くと、いろんな楽しみを味わえます。
参考になりました。 0人

5086件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット