ちきゅうがウンチだらけにならないわけ ちきゅうがウンチだらけにならないわけ
作: 松岡 たつひで  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
課題図書 小学校中学年の部 へえ〜そうだったんだ… ウンチのひみつ見てみよう。

ヒラP21さんの公開ページ

ヒラP21さんのプロフィール

パパ・60代・千葉県

自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、大人として絵本を楽しんでいます。
平成25年度は「パパ卒業」の読み聞かせおじさんです。

読み聞かせおすすめコーナー

今まで読み聞かせをしてきた中でおすすめの絵本、どこかで読み聞かせしたい絵本を集めてみました。ウケねらい、感動ねらい、試してみてください。
30件中 1 〜 30件目最初のページ 前の30件 1 次の30件 最後のページ

ヒラP21さんの声

2949件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 弟のために天使になろうとした少女  掲載日:2014/8/28
ジェニー・エンジェル
ジェニー・エンジェル 作: マーガレット・ワイルド
絵: アン・スパッドヴィラス
訳: もりうちすみこ

出版社: 岩崎書店
死に向かおうとする病床の弟を、懸命に励まし続ける少女は、自らが天使であろうとしました。
星に祈り、着込んだレインコートで想像の羽を隠して、弟を死の淵から助け出そうとしました。
でも、現実は現実。
厳しい物語が、繊細な絵でとても透明感のある絵本になっています。
アン・スパッドヴィラスの絵は、どこかいせひでこさんと共通しているように思いました。
マーガレット・ワイルドの絵本には死を題材にしたものが、いくつもあると感じました。
描き方を変えて、「死」を考えることがワイルドさんのテーマなのでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みみずさんありがとう  掲載日:2014/8/28
まなつのみみず
まなつのみみず 作: すとう あさえ
絵: かつらこ

出版社: 佼成出版社
真夏のみみずは危険いっぱい。
みみず文字をつくったみみずさんは必死です。
干からびたみみずの群れをみかけると、一生懸命住める場所を探していたんだろうなと思います。
一方みみずが土にいると、野菜を育てやすいので、ホッとします。
面白おかしい絵本ですが、みみずの実態がよく描かれていますね。
感心しました。
みみずさん頑張って。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 商店街ってイイね☆☆☆  掲載日:2014/8/28
しょうてんがいはふしぎどおり
しょうてんがいはふしぎどおり 作: 内田 麟太郎
絵: 村田 エミコ

出版社: 佼成出版社
自分の家の近くに商店街がある町って、とてもいいと思います。
お父さんやお母さん通しが知り合いだったり、昔の町を知っている人がいっぱいいたりするから、昔から変わらない空気が流れていたりするのだと思います。
不思議がいっぱい、…。
でも、不思議通りがだんだんさびれていったり、知っている人が減って行ったり、味わいが薄れていくことはさびしいですね。
なんとなく、街角探検をしたくなるような絵本。
村田エミコがとても良い商店街を描いていると思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 長谷川さん、ちょっと無理があるかも  掲載日:2014/8/28
だじゃれ日本一周
だじゃれ日本一周 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 理論社
長谷川さんの力技でできた絵本だと思います。
ダジャレだからこんなんでも良いんかとも思います。
でも、千葉県民としては、千葉県が柴犬では笑えないのですね。
日本一周だから、他県の方はどうでしょうかね?
もう少しじっくりと考えて「改訂版」ができると良いですね。
「ちばらく考えてみてください。」って、シバ犬と同レベルでしょうか?
参考になりました。 0人

ふつうだと思う オオカミへの恩返し  掲載日:2014/8/28
セルコ
セルコ 作: 内田 莉莎子
絵: ワレンチン・ゴルディチューク

出版社: 福音館書店
気のいいオオカミに助けてもらった老犬の恩返し、パターン的ですがユーモラスなお話です。
良いお話だと思うのですが、あくの強いこの手の絵が苦手。
セルコの何だかズル賢い訳ありな表情が鼻についてしまいました。
日本人向けではないような気がしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしゃれなスリラー  掲載日:2014/8/26
スパイダー屋敷の晩餐会
スパイダー屋敷の晩餐会 作: メアリー・ハウイット
絵: トニー・ディテルリッジ
訳: 別所哲也

出版社: 文溪堂
甘い言葉に騙されて蜘蛛の罠にかかってしまった可愛いカゲロウ。
当たり前で、真っ当な教示に満ちた作品です。
面白いだけで終わらせずに、子どもたちには危険を回避する力をつけてもらいたいもの。
モノクロで光沢のある紙を使用、文字部分の効果的な配置、細かく配慮された絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい スカタン三人組のスカッとした夏の日  掲載日:2014/8/26
やめろ、スカタン!
やめろ、スカタン! 作: くすのき しげのり
絵: 羽尻 利門

出版社: 小学館
「スカタン」って、知っている言葉だけど、多分使ったことはありません。
でも、思いっきり大声で「スカタン」って言いあえる友だちにはあこがれます。
似た者同士の三人組の、スカタンな夏の一日。
精一杯生きているから、スカッとした気分になれる子どもたちだと思います。
読後感がとてもさわやかでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昔話らしい昔話  掲載日:2014/8/26
ちからたろう
ちからたろう 作: 今江 祥智
絵: 田島 征三

出版社: ポプラ社
独特な言葉づかい、常識はずれの展開、昔話の醍醐味がしっかりと入った絵本です。
泥臭い絵もこのお話にはとても効果的だと思います。
今江祥智さん田島征三さんのコンビならではの作品だと思います。
それにしても長年たまった垢の威力はとてもエネルギッシュに、ちからたろうを作り上げました。
力太郎が、出会った強者を伴に従えて悪者退治。
別の絵本では、ハッピーエンドではなく三人が武者修行をつづけていましたが、やはりお嫁さんを貰って、育ての親とめでたく暮らしていく姿が、日本的昔話の定型でしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的な夜霧の中のかくれんぼ  掲載日:2014/8/25
きりのなかのはりねずみ
きりのなかのはりねずみ 作: ノルシュテイン コズロフ
絵: ヤルブーソヴァ
訳: こじまひろこ

出版社: 福音館書店
キャンバス地に描かれた絵が幻想的で、魅力的だと思います。
夜霧の中をこぐまくんのところへ遊びに行くはりねずみくん。
霧の中で、かくれんぼしているかのように、色々な動物が見えかくれします。
本当にいるのかどうかはよく解らないけれど、はりねずみくんにとっては大冒険でした。
味わい深い絵本ですが、はらはら文字がちょっと見づらいので、読み聞かせには難があるかも知れません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学習障害を乗り越えた少女  掲載日:2014/8/25
スワン 学習障害のある少女の挑戦
スワン 学習障害のある少女の挑戦 著: 漆原智良
絵: 岡本 美香

出版社: アリス館
見た目には健常にみえる学習障害の少女は、学校の授業についていけず、いじめに合い、妹からは疎まれる存在でした。
養護学校に転校して、自分の活路を見出したけれど、世間的にはどうしても差別化されてしまうのだけれど、自分の障害を知って、自分のやりたいことを見つけて、明るくなり、人に感動を与えられる存在へと変わっていきました。
素晴らしい実話であるとともに、そのような子どもたちに偏見を持ちがちな大人に示唆を与えてくれたように思います。
参考になりました。 0人

2949件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • ミラクル ゴール!
    ミラクル ゴール!
    作・絵:マイケル・フォアマン 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    ある日の試合、ぼくはゴールをきめた。その日から……

全ページためしよみ
サイン本販売中