さがしえ12つき さがしえ12つき
作: なかざわ くみこ  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

ヒラP21さんの公開ページ

ヒラP21さんのプロフィール

パパ・60代・千葉県

自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、大人として絵本を楽しんでいます。
平成25年度は「パパ卒業」の読み聞かせおじさんです。

読み聞かせおすすめコーナー

公開

今まで読み聞かせをしてきた中でおすすめの絵本、どこかで読み聞かせしたい絵本を集めてみました。ウケねらい、感動ねらい、試してみてください。

  • なっちゃんとぼく
  • えすがたあねさま
  • 子どもたちの遺言
  • ともだちのしるしだよ
  • ぼくが一番望むこと
  • せかいで いちばん つよい国
  • 花さき山
  • ぬ〜くぬく
  • クラウディアのいのり
  • コワフの消えた鼻
  • だんろのまえで
  • じゃがいも畑
  • パパが宇宙をみせてくれた
  • こぞうさんとりゅうのたま
  • アイウエ王とカキクケ公
  • どーんちーんかーん
  • TUNAMI!津波
  • 学校やすんでとうさんと
  • きんようびはいつも
  • きょうはみんなでクマがりだ
  • ちょっぺいじいちゃん
  • ジョニーのかたやきパン
  • わゴムは どのくらい のびるかしら?
  • トラのじゅうたんになりたかったトラ
  • かえるをのんだととさん
  • とべ バッタ
  • いいから いいから
  • じろきちおおかみ
  • じゃがいもポテトくん
  • ベーコンわすれちゃだめよ!

ヒラP21さんの声

3059件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子どもの不安感をよく表現しています  掲載日:2014/10/23
でっかいでっかいモヤモヤ袋
でっかいでっかいモヤモヤ袋 作: ヴァージニア・アイアンサイド
絵: フランク・ロジャース
訳: 左近リベカ

出版社: 草炎社
きっと成長期にはいろいろとモヤモヤを抱え込んでいる子どもが多いのでしょうね。
心の中の不安感、訳の分からないモヤモヤが膨らんでいく過程がよく表現されていると思います。
でも、モヤモヤも整理してあげると、心が軽くなるのですね。
子どもたちとって救いの1冊でしょうか。
読み聞かせ用にピックアップしてみましたが、ちょっと教育的になりそうなので、本を紹介するに止めておきます。
(7分40秒)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 詩の世界、絵の世界  掲載日:2014/10/23
おさるがふねをかきました
おさるがふねをかきました 作: まど・みちお
絵: 東 貞美

出版社: 国土社
まどみちおの詩の世界はまあるい世界です。
親しみのある詩が集まっていて、詩集絵本としては良い本だと思います。
東さんの絵は、あまりまるくないような気がします。
詩と絵を一体化するのは難しいかもしれません。
一つ一つの詩からどのような絵をイメージするか、納得できるページと、首をかしげるページがありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の開国を支えた人  掲載日:2014/10/22
ジョン万次郎
ジョン万次郎 出版社:
ジョン万次郎は日本人として知っているのですが、外国人からも評価が高いのでしょうか。
何冊も、外人の作品があるようです。
『綱渡りの少女ミレット』の作家であるマッカリーの絵は、冒険絵本としてみごとだと感じました。
漁に出ていた万次郎が遭難してから、アメリカ人に助けられてアメリカに渡り、再び日本に戻るまでの物語ですが、まさに万次郎のアドベンチャーでした。
その後の歴史的な偉業については、万次郎とマッカリーにとっては、別の話だったでしょうか。
そのすっきり感と、絵が素晴らしいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サイコーです  掲載日:2014/10/22
オー・スッパ
オー・スッパ 作: 越野 民雄
絵: 高畠純

出版社: 講談社
レモンをかじったら…と、経験した人なら100%納得できるシチュエーション!!
思わず笑いながら、くちもとがスボマッてしまうような絵本です♪♪
色づかいといい絵といいカンペキなレモン味☆
間違いなく読み聞かせホームランの絵本です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 力で押さえ込むのではなく  掲載日:2014/10/22
にげだしたライオン
にげだしたライオン 作: ゲーテ
文: 前川 康男
絵: 田名網敬一

出版社: 偕成社
サーカスから逃げ出したライオンを捕まえたのは(?)、猛獣使いでも槍使いでも、猟師でもなく、サーカスで笛を吹いていた少年でした。
力で押さえ込むのではなく、やさしい音楽がライオンの心を穏やかにしたのです。
何か心の大事さを感じてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像の世界がひろがっていきます  掲載日:2014/10/21
ちいさなくも
ちいさなくも 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
空に浮かぶ雲を見ていると、いろんな形に見えてきて、いろんな物語を語ってくれるような気がします。
この絵本には雲しか描かれていないから、思いきり想像の世界を拡げられるのだと思います。
空に浮かんだ小さな雲のように、想像力の世界を旅しているようにも思いました。
何に見えるかは人それぞれですが、雲にしか見えなくならないように、子どもたちと一緒に楽しみましょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊び心  掲載日:2014/10/21
たんじょうびのふしぎなてがみ
たんじょうびのふしぎなてがみ 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
誕生日のプレゼントを探しに行く、遊び心たっぷりの絵本です。
カバーにエリック・カールさんのコラージュの作り方が紹介されていましたが、とてもまねのできない、素晴らしい色合いの仕上がりです。
プレゼントが、また、素晴らしいと思いました。
図形がポイントなのと、ページめくりでページを飛ばしてしまいそうになるので、読み聞かせにはチョッと難があるのが残念です。
プレゼント絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんだかな〜  掲載日:2014/10/21
いろはのかるた奉行
いろはのかるた奉行 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 講談社
いろはがるたの長谷川義史流解釈。
ちょっと首をかしげる解釈もありましたが、長谷川さんならば許しましょう。
そして、長谷川版いろはがるた。
思わずニンマリしてしまってから、これが児童書であったことを思い出しました。
子どもに読ませたら、目が点になりそうなかるたもありますよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こみね風シンデレラ  掲載日:2014/10/20
シンデレラ
シンデレラ 作: 角野 栄子
絵: こみねゆら

出版社: 講談社
誰もが知っているシンデレラですが、グリム版、ペロー版、その他とバリエーションがあって、残酷な部分がある話と、ソフトな話が混在しています。
そして、誰もが知っているシンデレラだから多くの絵本画家が手掛けたい材料なのかもしれません。個性的な本があるのも本を選ぶ側の楽しみかもしれません。
こみねゆらさんのシンデレラは、あくまでこみねゆらさんのメロウな世界を舞台にしています。
夢見る少女層が好むのかもしれません。
角野栄子さんの文章だから、とても安定感があります。
でも、厚紙で製本されている目的はなんだろう?
幼児向けではないように思うのですが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハイグレードな世界  掲載日:2014/10/20
シンデレラ
シンデレラ 作: シャルル・ペロー
絵: 東 逸子
訳: 天沢 退二郎

出版社: 三起商行(ミキハウス)
誰もが知っているシンデレラですが、グリム版、ペロー版、その他とバリエーションがあって、残酷な部分がある話と、ソフトな話が混在しています。
そして、誰もが知っているシンデレラだから多くの絵本画家が手掛けたい材料なのかもしれません。個性的な本があるのも本を選ぶ側の楽しみかもしれません。
東逸子さんの絵本は絵画の世界のシンデレラです。
ページを繰るたびに息を呑んでしまいました。
格調の高さを感じるこの本には、グリム版のような残酷シーンは似つかわしくないですね。
絵本を超えた画集のようなシンデレラでした。
参考になりました。 0人

3059件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • ちびっこ魔女の大パーティ
    ちびっこ魔女の大パーティ
    作:ジョージー・アダムス 絵:エミリー・ボラム 訳:おかだ よしえ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    パーティ、し・ま・しょ!とっても にぎやかな ハロウィ

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中