あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
せんりのくつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんりのくつ

作: (不明)
出版社: (不明)

ベストレビュー

子供はお話のやまを見つけて楽しむ

 洋の東西を問わず、昔話には強引なお話の展開やあっけない幕切れのものが多いですね。
 大人になり読み返すと、なんでなんで?とか、ありえな〜いとか、それで終わり?とか、お話の筋立てなどに気を取られますが、子供はどんなお話もしっかりお話のやまを見つけて楽しんでいます。

 このお話も、大人が読むと母親の考えられない子捨ての行為やら、その親元へ艱難辛苦を乗り越え帰ってくる子供たちやらで腑落ちない点も多々ありますが、息子は当時喜んで聞いていました。

 なんと行っても鬼の靴。
 とても魅力的に見えたようです。
 寝ている鬼から靴を脱がせるシーンは、固唾をのんで見つめていました。
 塩田守男先生の絵が可愛らしく、鬼のキャラクターも恐ろしいと言うよりは憎めない雰囲気があって、息子も安心して最後まで聞いていたのだと思います。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

せんりのくつ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット