もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
もうすこし まってくれたら…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうすこし まってくれたら…

作: スージー・シック
絵: モニク・トゥヴェ
訳: いまい あや
出版社: アシェット婦人画報社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もうすこし まってくれたら…」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「もうすこし まってくれたら…」
だいすきなきみが そういったから  ぼくは まつことにしたんだ
それは きみとのちいさなやくそく  ちいさいけれど やさしいやくそく

ベストレビュー

素敵な出会い

この真っ白なぼく、子犬かな?
その子犬と小さな木の温かなお話し。

ぼくが毎朝会いに行ってた小さな木にお花が咲きました。
小さな木は、ぼくにお花をあげると言う物の
さらに、もうすこしまってると果物ができるよ。なんて
待たせてしまうのです。
そこから、またさらに「もうすこしまてっくれたら・・・」
って続くのですが、お話しの終わりには待ったかいがあったな〜
って思うほど、素敵な出会いが待っていたのです。

それにしても、ぼくはなんてそんなに待つことができるのか?
私なら、あげる!なんて言われたらすぐにでも自分のものにしちゃうな〜
それだけ、小さな木とぼくは素敵な関係なんだな〜
なんて思いながら、ほのぼのとした雰囲気で読みました。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

もうすこし まってくれたら…

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット