あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ジロちゃんとキャンプ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジロちゃんとキャンプ

作: やすい すえこ
絵: 田中 四郎
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ジロちゃんとキャンプ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

相手の気持ちを考えられるように・・・

 頂いた絵本です。

 八百屋のねこ。ウルトラジロちゃんが活躍するお話。

 森の動物達に怖がられている大サルのゴンゴ。
お花畑で大きな丸太を振り回したり、いつも乱暴・・・
 でも、実はみんなと仲良くなりたいと、丸太のベンチを作ろうとしていたのです。 「どうせおれのこと嫌いなんだろ!」とすねるゴンゴ。  みんなと仲良くなれるかな??

 読んでいると、息子も
「ゴンゴ、ほんとはみんなと仲良くなりたくて、イスと机作りに来てたのか!」 
「みんなも、ゴンゴ悪い子って勘違いしてたんだ・・・」
「ゴンゴ、かわいそうやなあ。」

 意地悪で、乱暴な幼稚園のお友達もほんとは優しくて、お友達になりたいだけなのかもね?

「○○ちゃんは違う!ほんとに意地悪やもんっ!」
・・・絵本のように簡単には納得できない様子(^^;)

 けど、ゴンゴもこんなにみんなから怖がられてるけど、ほんとは友達になりたいのになかなか言い出せなかったり、体が大きいだけで怖がられてることもあったのかもよ?
 もし君が大きい体つきで、傍に来ただけできゃーきゃー怖がられたら、どんな気持ち???

・・・・・「かなしい・・・」

 子供ながら考えたみたい。

 ポップな色使いで、かわいい絵。
公園や幼稚園でそろそろ起こりうる「ちょっとあの子いや・・・」の気持ち。
相手の気持ちを角度を変えて見ていく事の必要性を子供ながら考えるきっかけになったようです。
(ばんびのみみさん 30代・ママ 5歳)

出版社おすすめ


やすい すえこさんのその他の作品

まんなかのはらのおべんとうや そらのこのおはなし / まんなかのはらのおべんとうや / だいすきだから! / ふうふうふう〜 / とってもとってもいいきもち / だあれ?だあれ?

田中 四郎さんのその他の作品

ぱぱんの ぱん / おきがえしよう! / ふっくらパン / おきがえ / ダンプくんがどっしーん / げんきほくほくおひさまコロッケ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

ジロちゃんとキャンプ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット