あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
いねになったてんにょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いねになったてんにょ

絵: 水四澄子
再話: 君島 久子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

美しいインドネシア民話

インドネシア民話です。
私の手元にあるのは、「こどものとも」151号で、1968年発行のペーパーバックなので、もしかしたら今は絶版かもしれません。
私が子どもの頃、妙に惹かれたお話です。
神様の一人娘が、人間の若者に恋をして、一緒になりたいと願うのですが、神様はこれを許さずに、二人を稲に変えてしまうという美しいお話です。
娘が若者に恋をするきっかけが、地上から聞こえてくる美しい笛の音色です。
顔が美しいからとかたくましい姿だからというのではなく、美しい笛の音に惹かれて・・・というところがなんとも美しくて素敵です。
また、父である神様は、インドの影絵のような姿をしていますし、神様が戦っている魔人達は、唐獅子のような姿なので、全体的に異国の匂いがプンプンしています。
異国の香りと笛の音色という二つの大きな要素が、この物語を彩って、美しい恋物語を作り上げています。
35年以上も昔に読んでも、現代読んでも、同じ感動があり、色あせない絵本です。
「こどものとも」って、他ではなかなかお目にかかることができないようなお話を送り出してくれることが多く、幼少時に触れることが出来て、本当に良かったです。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

君島 久子さんのその他の作品

岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / あかりの花 中国苗族民話 / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / 犬になった王子 チベットの民話 / ながいかみのむすめ チャンファメイ / おひゃくしょうとえんまさま 中国民話



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

いねになったてんにょ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット