すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
ピパルクとイルカたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピパルクとイルカたち

  • 絵本
作・絵: ジョン・ヒンメルマン
訳: はねだ せつこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピパルクとイルカたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

氷の海に閉じ込められた何千頭ものシロイルカを、発見者の少女ピパルクと父親が村人達と協力して助け出すまでの物語。ロシアのチュクチ半島でおこった実話を元にした絵本。命の尊さを考える。

ベストレビュー

過酷な生活の中の共存

ロシアで起こった実話を基に書かれた絵本です。
氷に閉じ込められてしまったたくさんのイルカ。どんどん穴が小さくなり凍ってしまうと海面で呼吸をしなければいけなイルカは窒息して死んでしまうのです。
村人全員でイルカを助けようとがんばる・・という話です。

本の中で子供はたくさんのイルカを捕まえれば、食べ物に困らないので嬉しそうにします。でも父親にそれはしてはいけない事なんだと教えられます。イルカのおかげでこれまで生きてこられたのだから・・・と。人間も極寒の中で生きていくためにイルカを殺してしまうこともあるけど、不必要に捕ってはいけないのだと子供も理解したと思います。共に生きていくということを父親や、生活の中の体験から学んでいるのだと思います。
この本を読んで浮かんだ言葉がある「おかげさまで」
みな、誰かのおかげで生きていける。そう思います。
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子12歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

ピパルクとイルカたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット