あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
木がずらり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木がずらり

作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ピエ・ブックス

本体価格: ¥1,600 +税

「木がずらり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

▼ 絵本とあわせて欲しい♪カップやTシャツ、ぬいぐるみなど。
>>tupera tuperaさんの絵本グッズはこちら

ベストレビュー

“ことば”を覚え始めた頃のお子さんへ

この絵本とは旅先の雑貨屋さんで出会いました。
絵本らしきものは他になく、雑貨類の脇に、部屋を飾るインテリアとしてどうでしょうか?おしゃれでしょ!というように置かれていました。
その頃はまだ絵本に興味を持つ前でしたが、つい衝動買いしてしまいました。嫁さんの反応も良かったと記憶しています。

A4の縦半分くらいの大きさで、折り畳んであるページが横に広がって、一見巻物のような装丁です。
1ページごとに1本の木とその木を表す一言(“とんがり”とか“びっしり”など)が書かれていて、そのことばに似た表現で人や動物が出てきます。(“そっくり”とか“びっくり”など)

1ページ、一言で完結ですが、横に一本道が続いていき、季節も流れ、最後のページでは告白のシーンがあったりして、起承転結、なんだかひとつの物語を読んだような木(気)になれます。
巻物調なので裏もあり、見てみると“ちょっぴり”した発見もあったりして楽しめます。

1ページに一言なので、どう読み聞かせしようかなぁと思って、「木に(虫が)びっしり、(この人)木を見てびっくり」とかアレンジして読んであげると、子供も面白かったようで、文章でも暗記してしまって、ページをめくる前から次の文章を読んでしまうようになりました。
子供の吸収は早いなぁと驚きました。

それからしばらく、外で特徴的な木などを見つけると「あ〜っ!あの木はとんがりだねぇ」なんて言って喜んでいました。

一言ゝはとても柔らかくて、覚えることで表現が豊かになるような“ことば”ばかりですから、“ことば”を覚え始めた頃のお子さんにお薦めします。親子で“ことば”遊びをしてボキャブラリーを増やしてあげましょう。
(伴門陶汰さん 30代・パパ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ツペラ ツペラ(tupera tupera)さんのその他の作品

わくせいキャベジ動物図鑑 / これはすいへいせん / おならしりとり / あかちゃん / かおノート モンスター / おばけだじょ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

木がずらり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット