もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ムシャノコウジガワさんの鼻と友情
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

  • 児童書
作: 二宮 由紀子
絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784034391600

小学中級から

出版社からの紹介

ムシャノコウジガワさんの巨大な鼻をめぐって、わがままだけど愛すべき人々が繰り広げるおかしなおかしなナンセンスコメディー。

ベストレビュー

奇想天外で楽しかったです

名古屋市立図書館の三・四年生のお勧めリストにありました。

武者小路実篤の「友情」と芥川龍之介の「鼻」をもじったようなタイトルですが、内容は奇想天外で楽しかったです。

あまりに大きくて重い鼻を持つムシャノコウジガワさん。歩くたびに大きな穴があき、一人では立ち上がれないので、町中の人が協力し合って救出します。

そんな生活にも疲れてきた町の人たち。ムシャノコウジガワさんの鼻を何とかしようと話し合います。

これだけでも、何だかおもしろそうなお話だと思いませんか。

ムシャノコウジさんの鼻がどうなるのか?知りたくて一気読みしてしまいました。

気の毒な話ではあるのだけど、ムシャノコウジさんがなまけ者だったり、関わる人たちの胸算用やがわかったり、それぞれの思惑・気持ちがしっかり描かれているので、そこここでクスクスッと笑えました。

読み聞かせしながら息子と笑い合ってしまいました。

二宮由紀子さん、児童書を読み始めてから注目している作家さんの一人です。読み物の楽しさが味わえます。

こんな楽しい本なのに、近くの図書館では閉架になっているし、私が借りた図書館でも新品同様、読書離れが進むと言われている中学年のお子さんに読んでほしいです。

大人が先に読んでこんな楽しい本があるよと伝えたくなるお話です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


二宮 由紀子さんのその他の作品

みんなともだち / うふふ / しろくまくんどこにいく? / どうぶつえんはおおさわぎ / スリスリとパッパ / サンタクロースとあったよる

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット