ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
童心社オリジナル紙芝居舞台
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

童心社オリジナル紙芝居舞台

  • 絵本

出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥10,476 +税

「童心社オリジナル紙芝居舞台」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

舞台があると、子どもたちのいる部屋と紙芝居の世界がくっきりと分かれ、集中して見ることができます。
また、三面開きの扉を開けて紙芝居を始めると、期待感がより高まり、終わったときに扉をゆっくり閉めると、紙芝居の世界が舞台の中に戻っていき、余韻が味わえます。

《特徴》
・紙芝居画面が大きく見えます。(画面サイズ:34.6×24.5cm)
・作品を抜きやすくしたり、作品に影ができづらくすっきり見えるように、改良いたしました。
・金具の色を、目立ちにくい色に変えました。
・取っ手を、持ちやすく丈夫なものにしました。
・木製。

画面サイズ:34.6×24.5cm
サイズ:W42.5×H34.5×D8.3cm

★紙芝居サイズはB4版(童心社スタンダード判)です。

童心社オリジナル紙芝居舞台

童心社オリジナル紙芝居舞台

童心社オリジナル紙芝居舞台

童心社オリジナル紙芝居舞台

童心社オリジナル紙芝居舞台

ベストレビュー

紙芝居といえば、童心社。

小学校の図書ボランティア活動費で購入しました。

大切な活動費で何を買うか。
みんなで考えて、紙芝居舞台になりました。
だったらやっぱり童心社でしょう!

とても存在感、雰囲気があります。
きっと子ども達も、この舞台で見る紙芝居にいつもの何倍もワクワクすることでしょう。

家にも一台、欲しくなってしまいました。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

童心社オリジナル紙芝居舞台

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット