もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おててがつめたくなりますよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おててがつめたくなりますよ

作: トニー・ジョンストン
絵: シンディ・ゼッカーズ
訳: 松川 真弓
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥890 +税

「おててがつめたくなりますよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

あたたかいてぶくろ

遊びたい盛りのきつねの子供たち5匹を、あたたかく世話するおばあさんがすごいです。5匹の子ぎつねたちは、みんな性格がちがっているのがおもしろいです。読書好きの子ぎつねは、トイレをしながらも本をてばなさないのがほほえましいです。

一日中ずっと5匹分のてぶくろを編んでくれたおばあさんのおかげで、外で楽しく遊ぶ子ぎつねたちがかわいいです。「おててがつめたくなりますよ」という言葉もいいです。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子6歳)

出版社おすすめ


トニー・ジョンストンさんのその他の作品

ニコラス・グリーブのゆうれい / ネズミはひとり森のなか / こわーいおはなし

松川 真弓さんのその他の作品

またまた ねえ、どれがいい? / とっても なまえの おおい ネコ / あたしのすきなもの、 なぁんだ? / ぼくたち、いちばん! / 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− / ねえ、どれがいい?



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

おててがつめたくなりますよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット