こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子16歳

どくだみ茶さんの声

3293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う かんちがい言葉遊び  掲載日:2017/7/13
ガーコとリチャードのあいことば
ガーコとリチャードのあいことば 文: 中川 ひろたか
絵: 佐々木 一澄

出版社: 文研出版
 リチャードの「あいことば」を、かんちがいしてしまうガーコちゃん。会話が、かみあわないけれど、なんだか楽しそう。ガーコちゃん、ボケているのか、天然なのか、、、。
 でもリチャードとガーコちゃん、仲良しなんですね。

 リチャードとガーコちゃんの顔マークのはいった会話文が、おもしろいなと思いました。ふたりでコントみたいに読めますね。

 言葉遊びのようなお話と、明るくてほのぼのした絵がぴったりあっていてたのしかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんなふうに  掲載日:2017/7/11
たべものはどこからやってくる?
たべものはどこからやってくる? 作: アゴスティーノ・トライーニ
訳: 中島知子

出版社: 河出書房新社
 いつもあたりまえのように食べている料理、その材料は、どんなふうにできているのか、、、。
 穀物、くだもの、野菜、お肉、コーヒー、チョコレート、オリーブ油など、なじみの食材が、いっぱい。一本の道を進みながら、いろいろな食材のことを、知ることができます。
 小さな子にも、わかりやすく楽しい絵がいいなと思いました。大人も勉強になります。

 お皿に盛られたおいしそうな料理、この道を思い出しながら食べると、好き嫌いがなくなりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 森の暮らしは、知恵と勇気  掲載日:2017/6/25
小さな家のローラ
小さな家のローラ 作: ローラ・インガルス・ワイルダー
絵・監訳: 安野 光雅

出版社: 朝日出版社
 大きな森は、ほんとうに知恵と勇気がなければ暮らしていけません。家の前にオオカミやクマが来ます。衣食住もほとんど手作り。
 今の私たちより、不便な暮らしですが、とても充実しているな、と思いました。

 クリスマスやダンスパーティは、大人も子どもも、みんないっしょで楽しそう。おしゃれをして、はじめてお店に行ったローラの気持も、ほほえましいです。

 全ページにカラーの挿絵があります。人間はいきいきと、動物はユーモラスに、道具などはリアルに、安野さんらしい絵にワクワクしながら読みました。ボリュームがありますが、安野さんがこだわったという、こなれた文章に、ひきこまれます。

 いちばん印象に残ったのは、おかあさん。やさしくて強くて、器用、、、こんなおかあさんが理想ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり気にかかる  掲載日:2017/6/16
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
 男の子に雑にされて、ぬいぐるみたちが家出!?動物園の「売店」にもどる、というのがほほえましかったです。

 家はでたけれど、やっぱり男の子が気にかかります。ネズミに、男の子が泣いていることを伝えられ、ゆらぐ気持ちがせつないですね。

 酒井さんのやさしく繊細な絵が、お話にぴったりあっていました。ぬいぐるみたち、ネズミの声が聞こえてきそう。

 家にもどったぬいぐるみたち、今は大事にしてもらってるかな、、、。
 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 地味なネジですが、、  掲載日:2017/6/16
にじいろのネジ
にじいろのネジ 文: 安田 真奈
絵: はりたつお
企画: ゆめづくりものづくりプロジェクト

出版社: 象の森書房
 小さなものから、大きなものまで、ネジなしでは作ることができません。形や大きさのちがうネジが、こんなにたくさんあるのに、あらためてびっくりします。そして、人の目でチェックしていることも、びっくり。
 地味なネジですが、すごい働きをしていることが、よくわかりました。

 カラフルで楽しい絵にワクワクします。子どもがネジに興味をもって、いろいろな発見してほしいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 電車の音で楽しめます  掲載日:2017/6/14
ミキハウス 音のでるおしごとえほん でんしゃ
ミキハウス 音のでるおしごとえほん でんしゃ 絵: たかい よしかず
出版社: 三起商行(ミキハウス)
 小さな子どもが、電車の運転を楽しめる絵本。
 いろいろな効果音が、電車気分をもりあげてくれますね。マスターコントロールは、速度で音のちがいがわかります。
 場面をかえたり、ゲームで遊んだり、盛りだくさんです。

 小さな子どもが一人で遊ぶこともできるし、パパやママとお話しながら遊ぶこともできるのが、いいですね。コンパクトになるのも便利です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑顔でいられるように  掲載日:2017/6/14
おかあさんはね
おかあさんはね 文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子

出版社: マイクロマガジン社
 やさしい色合いで描かれた、いきいきとした表情の子どもたち。こんな子どもたちの笑顔が、すべてのおかあさんの願いです。

 おかあさんの愛情が、しみじみと伝わってきます。おかあさんの言葉と、元気な子どもたちの絵、ページをめくるたびにほっこりします。

 子どもに読み聞かせて、おかあさんの願いを伝えることもできますね。大人が読んでも、おかあさんの声が聞こえてきそうです。
 
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 言葉がいきいき  掲載日:2017/6/14
つけたしことばの本
つけたしことばの本 書: だんきょうこ
絵: ニシワキタダシ

出版社: 高陵社書店
 意味はないけれど、つけたすと、楽しくなる言葉。江戸時代の人も楽しんでいたんですね。
 韻を踏んだことばを、つけたすと、リズム感がでて言葉がいきいきしてきます。ちょっと早口で、サラッと言えるとカッコイイですね。
 「ごめん そうめん」、、、なんて言われたら、わらってしまいそう。

 モノクロの絵と、おおらかに描かれた文字が、おもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バナナ食べ放題  掲載日:2017/6/5
ひとつずつ
ひとつずつ 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
 長新太さんらしい、大胆な色合いでおおらかに描かれた絵、どこかユーモラスで楽しいですね。
 たんたんとお話は進むのですが、なんだか笑えてきます。

 ゾウとさるたちが、たくさんのバナナがついている木を、みあげている表情がいいですね。バナナ食べ放題の、さるたち、うれしそう、、、。

 50年まえの作品ですが、今読んでも、たのしくほっこりできる絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月ごとの話題  掲載日:2017/6/5
こどものこよみしんぶん
こどものこよみしんぶん 絵: 内田 かずひろ
構成・文: グループ・コロンブス

出版社: 文化出版局
 月ごとのいろいろな話題が、わかりやすく描かれています。しんぶん絵本というのが、おもしろいですね。
 ことわざや、食べ物、植物など、見開きで見ることができるのが、いいなと思いました。お天気てるてるぼうずが、ほほえましいです。

 絵本を見たら、外に出て、季節を見つけたり感じたりしたいですね。
参考になりました。 1人

3293件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット