ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子15歳

どくだみ茶さんの声

3243件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 12枚ひと組のシール  掲載日:2017/2/23
ぜったいひとつだからね
ぜったいひとつだからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
 ローラは、数字に夢中。数字をからめて、いろいろなことを言いますが、さすがおにいちゃん、しっかり答えていますね。

 ママが「ひとつだけ」買ってあげる、と言ったら、「12枚ひと組のシール」や「6個ひと組のバッチ」を選んだ2人に、笑ってしまいました。子どもだって、考えています。
 ローラが数字を覚えたら、ますますパワーアップしそう、、、。

 オシャレで楽しい絵と、いきいきした会話がおもしろかったです。
 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不安だったけど、、  掲載日:2017/2/13
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
 学校に行かない、というローラ、、、おにいちゃんは、ローラの話にちゃんとつきあってあげるのが、えらいなと思いました。
 ローラが学校に行かない理由が、おもしろいです。これだけお話できるのが、すごい。おにいちゃんが、しっかり答えているのも、ほほえましいです。
 
 学校に行くのが不安だったローラでしたが、ぜんぜん大丈夫でした。おにいちゃんは、心配していましたが、、、。こんなにめんどうみのいい、おにいちゃんがいたら、パパやママは安心できますね。

 楽しい会話とオシャレな絵がよかったです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝ない理由が  掲載日:2017/2/4
ぜったいねないからね
ぜったいねないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
 なかなか寝ない妹のローラ。寝ない理由、ローラのお話がおもしろいですね。ローラにつきあってあげる、おにいちゃんはやさしいなと思いました。
 わがままだけどカワイイ妹ですね。ふたりの会話が聞こえてきそうでした。楽しい会話文と、いきいきした絵がよかったです。
 
 こんなに面倒見のいいお兄ちゃんがいてくれたら、パパやママはとても助かりますよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お兄ちゃんのお話  掲載日:2017/2/2
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
 きらいな食べ物がいっぱいある、ローラ。でも、おにいちゃんの話にひきこまれて、食べてみたくなります、、、。おにいちゃん、すごいです。こんなお話上手なおにいちゃんがいてくれたら、パパやママも助かるな、なんて思いました。

 ローラとお兄ちゃんの会話が聞こえてきそうでした。ローラは好き嫌いがなくなるのかな、、、。ローラの表情もほほえましいですね。 
 
 絵と写真をあわせたページが、おもしろいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆらゆら漂って  掲載日:2017/2/2
よるのこどものあかるいゆめ
よるのこどものあかるいゆめ 作: 谷川 俊太郎
写真: むらいさち

出版社: マイクロマガジン社
 透明感のある水中の写真がきれいです。水中のいきものたちと、ゆらゆら漂っているような感じになります。
 青い色は、気持を落ち着かせる効果があると聞いたことがあるので、ゆったりした夢のような水中の写真は、寝る前にぴったりだと思います。

 ゆっくりと詩を読みながらページをめくると、リラックスしてきますね。
子どもといっしょに、読んでいるママも眠くなってきそう、、、。
参考になりました。 3人

なかなかよいと思う ノリのいい七福神  掲載日:2017/1/11
しちふくじん
しちふくじん 作: 立川 志の輔
絵: 中川 学
編: 倉本 美津留

出版社: 岩崎書店
 軽ーい気持で、神だのみしたぼくの所に、本当に七福神がやってきました。
  「アヒルとウサギの絵」のネタや、水芸など、ノリのいい?七福神に笑ってしまいました。
 七福神を見て、ぼくはかくしげいを、あきらめてしまいましたが、、、

 七福神たちの、いきいきした表情が楽しかったです。にぎやか感じが、福、ですよね。
 明るく楽しい絵と、ぼくの言葉に、ほっこり笑えました。
 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切な眠り  掲載日:2017/1/5
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん 作: たきせあきひこ
絵: 渡辺 千春
朗読: 倉島 麻帆
監修: 安達 太郎

出版社: エー・アール・シー
 「オシーリ フリフリ」は、小さな子どもがよろこびそうなお話です。楽しいおはなしの中に、眠くなるような言葉もはいっています。
 「笑い」がストレス解消になって、眠りやすくなるとか、「早く寝なさい」が、トラウマになる、などとても参考になりました。寝かしつけるコツもわかりやすかったです。

 ママが読み聞かせるのがいいけれど、ママが疲れているときは、CDがあるのも、いいなと思いました。
 眠りの大切さが、よくわかりました。子どもといっしょに、ママもぐっすり眠りたいですね。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う ピンチの時は  掲載日:2017/1/5
はなくそ
はなくそ 作: アラン・メッツ
訳: ふしみ みさを

出版社: ロクリン社
 タイトルがストレートですね、、、。はなくそ、おなら、小さな子どもが大笑いする言葉です。

 オオカミに食べられそうになったジュールの冷静さに感心しました。ピンチの時は、なんでもアリです。それを見たオオカミの顔色に、苦笑いしてしまいました。

 ピンチがあったり、好きな女の子にふりむいてもらえなかったり、、、男の子のお話だなと思いました。
 いきいきした会話文と絵がたのしかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切なスクノキ  掲載日:2017/1/5
大きなクスノキ
大きなクスノキ 作: みその たかし
絵: さとう そのこ

出版社: 高陵社書店
 ウタちゃん、ウタちゃんのおかあさん、そしてたくさんの子どもたちを見守ってきた、大きなクスノキ。
 クスノキは、たくさんの動物たちにとっても、大切な木です。

 ウタちゃんの、クスノキをおもう気持がつたわってきます。
 大きなクスノキ、移植が上手くいって、本当によかったです。これからも、たくさんの人たち、動物たちをいやしてくれますね。

 大きな木の大切さ、貴重さに気づかされました。しみじみするお話と、絵があっていてよかったです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かくれようとして  掲載日:2016/12/30
ももでげんき
ももでげんき 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
 くだものむらの子どもたちは、みんな目がおおきくてカワイイですね。
 ももの、ももみちゃんも、ほほえましいです。はずかしがりやですが、小さな声でもがんばってあいさつできるのは、えらいですね。

 はずかしくて穴にかくれようとして、たいへんなことに、、、ももみちゃん、かわいそうだけど、笑ってしまいました。

 人見知りの子どもも、この絵本を見て、元気にあいさつできるようになってほしいなと思いました。わかりやすくて、楽しいお話と絵がよかったです
参考になりました。 0人

3243件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット