りんりん はしろ! りんりん はしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
そりに乗りたいこ、いる?りんりん!しゃんしゃん♪雪の中、とっても楽しいな!
こにゃららんさん 20代・せんせい

雪の積もった日に
広島は、あまり雪が積もることはないので…

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子13歳

どくだみ茶さんの声

2950件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 色鮮やかな写真  掲載日:2014/11/13
里山のおくりもの
里山のおくりもの 文・写真: 今森 光彦
出版社: 世界文化社
 写真家今森さんの作品ですから、当然ですが、ほんとうにきれいな写真です。色鮮やかで、光や風が感じられます。
 里山には、田んぼだけでなく雑木林もあります。そして、ちいさな生き物たちも、たくさん住んでいます。かえるの顔を見ていると、ほほえましくなってきました

 写真にそえられた、文章にもしみじみします。
 自然はみんなつながっていることを、教えてくれる本でした。子どもから大人まで楽しめる本です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本好きなカモシカ  掲載日:2014/11/13
カモシカとしょかん
カモシカとしょかん 作: 魚瀬 ゆう子
絵: 水上 悦子

出版社: 桂書房
 カモシカが図書館に迷い込んできたら、、、。ほんとうにあったお話です。

 図書館であばれるカモシカ、とうとうつかまえられてしまいます。カモシカはかわいそうだけど、しかたないですね。
 でも後日、カモシカも本を読んでもらうことができました。しずかに聞いているカモシカがほほえましいなと思いました。

 窓の外をながめる、本物のカモシカにびっくり。本好きなカモシカ、楽しくほのぼのしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんぐりの季節に  掲載日:2014/11/13
どんぐりにんじゃ
どんぐりにんじゃ 作・絵: 浅沼 とおる
出版社: 鈴木出版
 「どんぐり」も「にんじゃ」も、子どもがすきなものですね。そんなどんぐりにんじゃと、ひげねこざむらいたちの戦い。
 どんぐりにんじゃは一人、ひげねこたちは大勢。戦いの場面がいきいきしています。みんなの声が聞こえてきそうな絵でした。
 どんぐりにんじゃが、どんぐりを飛ばすとこは、迫力があっておもしろかったです。

 明るく楽しい絵と、わかりやすいお話、小さな子にぴったりだと思いました。どんぐりの季節に読みたいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ムーミンダイアリー付き  掲載日:2014/11/13
MOE 2014年12月号
MOE 2014年12月号 出版社: 白泉社
 今号は、ムーミン特集。 
 ヤンソンさん生誕100周年だそうです。ムーミンのふるさと、フィンランドの情報もいっぱいで、楽しめました。
 ふろくのムーミンダイアリーも、ボリュームがあって、お得感があります。

 いつもの連載もよかったです。今号でおわってしまう連載があるのでさみしいけれど、来月からの新連載に期待ですね。

 今号ももりだくさんで、おもしろかったです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑顔で、うそだあ  掲載日:2014/11/4
うそだあ!
うそだあ! 作: サトシン
絵: 山村 浩二

出版社: 文溪堂
 バナナをむいたらチョコバナナ?
 ジュースで、おなかがふくらんだら、飛んでしまう?
 ふたりの男の子の会話がいきいきしていて、声がきこえてきそうでした。ページをめくるたびに、びっくり。想像力がたのしいです。
 背景もかわいいですね。山村さんらしい、ほっこりした色使いがいいなと思いました。

 「うそだあ」と言いながら、笑顔になってしまうおはなしでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ミリオンセラー絵本  掲載日:2014/10/31
MOE 2014年11月号
MOE 2014年11月号 出版社: 白泉社
 今号は「くまのがっこう」の特集。
 絵本のキャラも小物もほんとうに「カワイイ」ですね。作家さんへのインタビューや、グッズの紹介など楽しく読みました。
 
 ミリオンセラーの絵本も紹介されていました。絵本ナビでもおなじみの絵本がいっぱいです。なつかしい絵本もあったので、また読みたくなりました。
 いつもの連載もたのしかったです。

 今号も盛りだくさんでおもしろかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みずのにおい  掲載日:2014/10/31
おおきなゾウとちいさなゾウ
おおきなゾウとちいさなゾウ 作: たしろ ちさと
出版社: 教育画劇
 砂嵐のなかで、おかあさんゾウとはぐれてしまった、ちいさなゾウ。
ちいさなゾウは一匹で歩いているおおきなゾウにであいます。

 無骨なおおきなゾウと無邪気なちいさなゾウのやりとりが、ほほえましいなと思いました。

 「みずのにおいがする」と、おおきなゾウとちいさなゾウがそろって鼻をあげている場面が、よかったです。ゾウたちの気持ちがつたわってきます。
 砂漠と水辺の風景のコントラストが、印象的でした
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんなこと、あるんです  掲載日:2014/10/26
どうぶつたちはしっている
どうぶつたちはしっている 写真: イーラ
文: マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳: 寺村 麻耶子

出版社: 文遊社
 動物たちの楽しい写真絵本。
 いろいろな動物たち、なにかを見ています。動物たちの表情が、おもしろいなと思いました。

 たくさんの動物たちが見ていたのは、、、、
 「えっ?!、、、」
 こんなこと、、、あるんですね、、、。
 びっくりして笑ってしまいました。

 オチのあとのサルの顔も、なかなかいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい びっくりのクラゲ  掲載日:2014/10/26
クラゲの秘密
クラゲの秘密 著: 三宅 裕志
出版社: 誠文堂新光社
 前から気になっていたクラゲ、子どもと一緒に読みました。

 おなじみのクラゲなのに、知らないことがたくさんありました。まず、種類の多さ。いろいろな形や色のクラゲにびっくり。
 95パーセントが水なのに、脳や心臓はあるの?
 クラゲのすごいところ、わるいところなど、おもしろい話がいっぱいです。

 たくさんのきれいな写真と、わかりやすい説明で、子どもから大人まで楽しめる本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月にもどるため  掲載日:2014/10/26
つばさをもらった月
つばさをもらった月 作: 八百板 洋子
絵: 南塚 直子

出版社: ほるぷ出版
 ブルガリアの民話です。

 子どものいないおじいさんとおばあさんが、月におねがいをしました。二人はカモを子どものように育てました。けれど、カモが来てから、不思議なことがおこります、、、。
 
 娘が、どこへも行かないよに、つばさを焼いてしまったおじいさんとおばあさんの気持ちがせつないです。娘は、月にもどることができなくなりました。。
 昔話らしいストーリーにひきこまれます。

 昔は、「明かりが貴重」で、夜の月に対する思いも強かった、というあとがきにも、しみじみしました
参考になりました。 0人

2950件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中