なんのじゅうたい? なんのじゅうたい? なんのじゅうたい?の試し読みができます!
作: オームラ トモコ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
【全ページ読めます】ぼくが三輪車で散歩に出かけたら、道が大渋滞になっていた。渋滞の先にあるのは・・?

どくだみ茶さんの公開ページ

どくだみ茶さんのプロフィール

ママ・40代・秋田県、女の子14歳

どくだみ茶さんの声

3131件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う どこへでも行けるね  掲載日:2016/2/10
夢みるジェイク〜JAKE’S DREAM〜
夢みるジェイク〜JAKE’S DREAM〜 絵・文: 葉 祥明
訳: リサ・ヴォート

出版社: Jリサーチ出版
 赤い帽子をかぶったジェイクが、小鳥といっしょに旅にでます、、、
 どこに行くのかジェイクもわからないけれど、楽しい旅です。

 ページをめくるたび、空の色がきれいだなと思いました。
 ジェイクの声がきこえてきそうな、わくわくするお話でした。

 夢のなかでは、どこへでも行けますね。最後のページ、夢からさめたジェイクの顔に、ほっこりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハンモックで  掲載日:2016/2/10
イソップ物語 13のおはなし
イソップ物語 13のおはなし 文・絵: いまい あやの
出版社: BL出版
 透明感があって、幻想的な絵にひきこまれます。イソップのお話の一場面。動物たちの、ちょっとユーモラスな表情にほっこりします。

 おなじみの「うさぎとかめ」、うさぎがハンモックに寝ているなんて、しっかり時計もセットしてるし、おもわず笑ってしまいました。すみずみまで、イソップ感にあふれています。

 クスッと笑ってじんわりリラックスできる、大人向けのイソップ絵本かなと思いました。たて開きで、すっきりしたレイアウトがおしゃれですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遠く遠くまで  掲載日:2016/2/9
星空のジェイク〜JAKE’S STAR〜
星空のジェイク〜JAKE’S STAR〜 絵・文: 葉 祥明
訳: リサ・ヴォート

出版社: Jリサーチ出版
 星空、宇宙の「青色」が美しい絵本です。ページをめくっていると、リラックスしてきますね。

 ジェイクの空の旅、楽しそう、、、。木星や土星の近くまで行ってみたいです。なんだか、ふわふわ浮いている感じがして楽しいです。

 遠く遠くまで行ってきたけれど、最後はちゃんと家にもどってきました。ほっとする終わり方が、いいなと思いました。
 夢のような星空の旅のおはなしと、おちついた色あいの絵が、ぴったりあっていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読んでもらいたい  掲載日:2016/2/4
かあちゃん えほんよんで
かあちゃん えほんよんで 文: かさい まり
絵: 北村 裕花

出版社: 絵本塾出版
 いそがしいかあちゃんと、絵本を読んでもらいたい男の子。どちらの気持ちもわかるので、せつないです。
 かあちゃんの仕事をいつもみているから、じっとがまんしている男の子。きっと絵本は、じぶんも読めるんだろうけど、やっぱりかあちゃんに読んでもらいたいんですよね。

 絵本の読み聞かせの途中で寝てしまった、かあちゃん。でも男の子に、気持はつたわっていますね。
 あたたかい色あで描かれた、ちょっとせつなくて、ほっこりするお話でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい いっぱい遊んで  掲載日:2016/2/4
ポカポカフレンズ たいこでポン
ポカポカフレンズ たいこでポン イラスト: さつき ねむ
デザイン: 島谷 久代

出版社: 三起商行(ミキハウス)
 自分で手でたいこをたたいて、音を出す。小さな子には、楽しいでしょうね。何度も遊んでいるうちに、リズム感や反射神経がよくなりそう。

 一人でもあそべるし、ママや友達といっしょに遊べるのもいいですね。丈夫な作りで、持ち運びにも便利なのも、いいですね。
 両手を使って、いっぱい遊んでほしいなと思います
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 豪華な絵本  掲載日:2016/2/4
鏡の国のアリス
鏡の国のアリス 作: ルイス・キャロル
絵: ロバート・イングペン
訳: 杉田 七重

出版社: 西村書店
 チェスの遊び方を知っていれば、もっと楽しく読めたのかな、、、と思いました。
 詩や言葉あそびが、ちりばめられたお話、会話文が多いのでおもしろかったです。お気に入りのキャラクター、ハンプティダンプティとアリスのちぐはぐな会話にわらってしまいました。

 ほぼ全ページに描かれた挿絵から、みんな声がきこえてきそう。文章のページまで、やわらかい色あいです。
 ボリュームがあって豪華な絵本です。

 ナンセンスで楽しいお話、150年も前に書かれたなんて、びっくりですね。今でも、全然古びていないなと思いました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豪華な挿絵  掲載日:2016/2/4
不思議の国のアリス
不思議の国のアリス 作: ルイス・キャロル
絵: ロバート・イングペン
訳: 杉田 七重

出版社: 西村書店
 好奇心いっぱいのアリス、ストーリーは知っていても、読むたびに引き込まれるお話です。
 きれのいい文章は、スピード感があってワクワクしますね。

 アリスの本はたくさんありますが、この本は、ほぼ全ページに挿絵が描かれている豪華な絵本です。深みのある色合いで、いきいきと描かれた登場人(動?!)物たちは、とてもリアルです。ナンセンスなおかしい会話が聞こえてきそう。

 ボリュームのある絵本なので、読み応えがありました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う のろしをあげて  掲載日:2016/2/3
インディアンはどこ?
インディアンはどこ? 作: カタリーナ・ヴァルクス
訳: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
 インディアンに会いにいこう、とでかけるビリー。ピンク色のミミズ、ジャンクロードもいっしょです。
 「のろし」をあげる場面がおもしろかったです。好奇心と冒険心いっぱいのビリーが、ほほえましいなと思いました

 最後は、いつもようにヘーゼルナッツを食べながら、のんびり。遠くにのろしも見えていますね。

 いきいきした絵と元気いっぱいのお話、楽しかったです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ビリーのなげなわ  掲載日:2016/1/25
つかまえろ!
つかまえろ! 作: カタリーナ・ヴァルクス
絵: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
 小さなビリーが、自分より大きなバッファローをつかまえる、、、。なげなわを回すビリー、なかなかかっこいいですね。
 ちょっと危かしいけれど、ビリーは楽しそう。
 大きなバッファローの、まったりした顔もいい味だしています。
 
 最後は、いつものようにみんないっしょにヘーゼルナッツを食べています。この場面が、ほっこりしていいなと思います。
 外に出て、ともだちといっしょに遊ぶことは、とてもいいことですね。
いきいきした絵と、元気いっぱいのお話が、ほほえましかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 相手はミミズ  掲載日:2016/1/20
てをあげろ!
てをあげろ! 作: カタリーナ・ヴァルクス
訳: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
 かっこうはバッチリ?なビリーが「「手をあげろ!」 
 でも、相手はミミズ、ピンクのミミズがほほえましいなと思いました。
 ビリーはこわいのか、こわくないのか、、、ほのぼの感になんだか笑えてきます。けれど、キツネだけはちがっています。ビリー、すごいです。
 
 いきいきした絵から、ビリーたちのこえがきこえてきそうです
 最後の場面、みんながまったりしているのが、いいですね。
参考になりました。 0人

3131件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『うめじいのたんじょうび』加岳井久美子さん&担当編集者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中