もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
夢の果て −安房直子 十七の物語−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夢の果て −安房直子 十七の物語−

  • 絵本
作: 安房 直子
絵: 味戸 ケイコ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年12月10日
ISBN: 9784916016584

256ページ 15.5x21.5cm 上製
イラスト58点オールカラー


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

月刊「詩とメルヘン」に掲載された安房・味戸コンビの全作品を収録。すべての装画がオールカラーの豪華愛蔵本。

「あの海の色は いつも 私の中にあります」

お互いの存在も知らずに、同じ風に吹かれ同じ函館の海を見つめて育った
安房さんと味戸さんが、二十年後の東京で出会い、
約十年間にわたり二人で月刊『詩とメルヘン』誌上に発表した
十七編の物語集です。

夢の果て −安房直子 十七の物語−

ベストレビュー

安房さんの作品に寄せる熱い思いに感動

安房直子さんの作品ということで絵本ナビで購入しました。

作品もさることながら、あとがきを書かれている味戸ケイコさんと瑞雲舎の井上さんの安房さんの作品に寄せる熱い思いに感動し胸が熱くなりました。

安房さんが早く亡くなられたことは読者である私たちにとってはとても悲しいことなのですが、こんなにも深く作品を愛して読者に届けたいという気持ち、その気持ちがとても嬉しかったです。

そして、安房さんの作品を読むとなぜかたかどのさんの作品を読みたくなる私。

その理由がよくわからなかったのですが、たかどのさんの長編に見られる「憧れ」がこの「夢の果て」にも描かれていて「憧れ」が共通点としてあったこと。

そして、味戸さん安房さん共に北海道におられたことがわかり、たかどのさんも北海道出身、たかどのさんとの共通点「憧れ」と「北海道」という二つのキーワードが見つかった作品集でもありました。

収められている作品はどれも秀逸。

私の好きな、切ない、はかないという胸の奥がきゅーっとする作品群たちはいつ読んでも新鮮で小編でありながらも、どこか別の世界へと誘ってくれるのです。

味戸さんの美しく繊細で幻想的そしてどこかほの暗く、時に不気味な怖さをたたえる絵がとても安房さんの作品にマッチしていると思います。

安房直子コレクションや、買い集めた安房さんの文庫本と共に私の愛蔵版となりました。

この作品を読者の元に届けて下さってとてもありがたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

味戸 ケイコさんのその他の作品

ここにいる / 遠い野ばらの村 / まねっこでいいから / うまれてきたんだよ / だれかないてる / うさぎ座の夜



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

夢の果て −安房直子 十七の物語−

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット