おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おとうさんがいっぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさんがいっぱい

  • 児童書
作: 三田村信行
絵: 佐々木 マキ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おとうさんがいっぱい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784652005149

A5・208ページ

9〜10歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

全国的にどのうちでも突然お父さんが5〜6人にふえて、
それぞれ自分が本物だといいはる。困った政府は…。表題作など5話。

ベストレビュー

人を選ぶけど…、

この本と初めて出会ったのは小学五年生の時でした。
当時の感想は、「この本がよく学校の図書室にあったな」という位衝撃的でただただ怖かったです。
後にトラウマ絵本として名高いという事を最近知りました。
しかし、変にはまります。
あれからずっと忘れられず、大人になってもう一度数年ぶりに読み返しましたが、やっぱり怖いです。
でもやっぱり面白いです。
例えるなら「世にも奇妙な物語」の子供版といった感じです。
読後の後味の悪さ、血の気のひく様なこの感じ、好きな人にはたまりません。
この手のお話は読む人を選ぶので、安易に薦められませんが、補足するなら、たとえトラウマになる事はあっても、怖い本を読んだからと言って子供は屈折したりしないという事です。
さぁ、いかがでしょう?
(苺ポビさん 20代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

三田村 信行さんのその他の作品

ふたりユースケ / 妖怪道中三国志 (3) 孔明VS妖怪孔明 / キャベたまたんていからくりにんじゃやしきのなぞ / 妖怪道中三国志 (2)シリーズ壁画にひそむ罠 / 妖怪道中三国志 (1) 奪われた予言書 / ポプラ世界名作童話(6) 西遊記

佐々木 マキさんのその他の作品

へろへろおじさん / あおいともだち / あかいけいと / ひょっこり ひとつ / ねこ・こども / わるわるイッサイ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

おとうさんがいっぱい

みんなの声(2人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット