十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ニューヨークのタカペールメール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニューヨークのタカペールメール

作: ジャネット・ウィンター
訳: 福本友美子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ニューヨークのタカペールメール」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ニューヨークで本当にあった心温まるお話

ニューヨークの中心、マンハッタン五番街の高級アパートに住みついたタカ、アカオノスリの実話にもとづいたお話です。普通より尾羽の赤色がうすかったため、ペール(うすい)メール(オス)と呼ばれニューヨークの人気者でした。メディアでも多く取り上げられ、鳥の愛好家は喜んで、その行動のすべてを観察しました。巣作りをしてから、何年かたち、つがいとなって子育てをするようになりました。しかし、アパートの住人からの苦情のため、突然、巣が撤去されてしまいます。ニューヨークの愛鳥家が、アパートの管理組合に抗議を続け、とうとう再び巣を作ることを許されました。そして、ペールメールは、いまもそこに住んでいます。

ベストレビュー

ニューヨークのタカの夫婦

伝記絵本を勉強して以来、ジャネット・ウィンターの絵本をすべて読んでみたくなりました。

実話または伝記を中心に描くということで、今一番興味のある絵本作家です。

ニューヨークの高級アパートに巣を作ったタカの夫婦の物語。

私もマンションに住む住民として、自分の住居の上にタカが住んでいたら平静でいられるのかと思うと毎日のことなのでやはり考えてしまうでしょうし、撤去を求めた住民の気持ちもわからなくはないと思いました。

ただ、都会に住んでいて野生のタカが子育てをする姿は見ていて心を打つでしょうし、大都会生活にも負けずにという気持ちも沸きおこるのだろうと思います。

日本では2008年に出版されていますが、ナビを見てもレビュー数は少なく、あまり日の目を見ていない作品のようなのが、さびしく感じました。

ああ、書き忘れてました。都会の鳥の夫婦ものというとドン・フリーマンの『とんでとんでサンフランシスコ』をまず浮かべます。この作品を読んだ時にもストーリー的に似通ったところがあると思ったのですが、こちらは実話ということで、アメリカにはそういった下地もあるので、保護運動が起こったのかなとふと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャネット・ウィンターさんのその他の作品

マララとイクバル パキスタンのゆうかんな子どもたち / いつもみていた ゆめをかなえた女の子 ジェーン・グドール / ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし / ワンガリの平和の木 / ママ ほんとうにあったおはなし  / バスラの図書館員

福本 友美子さんのその他の作品

おはよう、はたらくくるまたち / なるほどわかった コンピューターとプログラミング / きれいずき / 「おやすみ、はたらくくるまたち」「よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」ギフトセット / だいすきぎゅっぎゅっ ギフトセット / ふたりはバレリーナ



忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

ニューヨークのタカペールメール

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット