ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おかえりなさい待っていたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかえりなさい待っていたよ

作: 浅見帆帆子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「おかえりなさい待っていたよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ある日家に帰ると、わたしの部屋にブタがいた……。「おかえりなさい。ぼくはダイジョーブタ。何でも聞いてあげるよ」――浅見帆帆子さんのなごみ系絵本。

ベストレビュー

『ラチとらいおん』との意外な共通点!

3年前の誕生日に、夫からプレゼントしてもらった、大人向けの絵本です。
作者は『あなたは絶対!運がいい』というベストセラーを書かれた、浅見帆帆子さんです。

何でも普通の女の子(OL)フー子が、ある日家に帰ると、ブタがいます。
ブタの名前はダイジョーブタ。「おかえりなさい まっていたよ」ブタは毎日笑顔で迎え、お茶を入れたり、ごちそうを作ったりしてくれます。
最初は「ブタに話したってしょうがないでしょ・・・」と、つれない態度だったフー子ですが、何があっても、「だいじょーぶ だいじょーぶ」と気楽そうなブタを見てるうちに・・・???

この本を読んだ時、とっさに浮かんだのが、世界中の子どもたちを勇気づけてきたロングセラー(私と同い年!)絵本『ラチとらいおん』です。

今流行りのヤングアダルト向けの癒し絵本と、まったく対照的な立場の古きよき絵本が、何だか似てる♪というのに、ちょっとびっくりし、そしてとてもうれしくなったのです♪

世界中で一番弱虫の男の子ラチの前に現われ、強くなるための特訓をしてくれ、やがていなくなってしまうらいおん。
『だいじょうぶ』を教えてくれ、フー子の前からいなくなってしまうダイジョーブタと、姿形は違うけど、何だかよく似てるでしょう?!

私はずっと消えないで、家族の帰りを待つ『ダイジョーブタ』であり、家族に勇気を与える『らいおん』であり続けたい・・・そんなことを思いながら読み終えました。

大人向けではあるけれど、全ページカラーのかわいいイラストと、短いわかりやすい文章は、小学校高学年〜中・高生の女の子でも、十分共感できるかと思いますよ♪
(ぼのさん 40代・ママ 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おかえりなさい待っていたよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット