雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ぼのさんの公開ページ

ぼのさんのプロフィール

ママ・40代・新潟県、男16歳 女14歳 女9歳

自己紹介
私の絵本好きは、幼稚園時代に配本されていた、福音館の月刊『こどものとも』まで遡ります。『ぐりとぐら』や『だるまちゃん』シリーズ、『ぐるんぱのようちえん』など、今でも大人気のロングセラー絵本に、あの時出会えなければ、今の私はいなかったかもしれません。
自分が3児の母親になり、ますます絵本の魅力にはまりました。
3人いれば、3人がまったく違うタイプの絵本を選んできます!
絵本とは無縁だった夫まで、絵本の世界に引きずり込み、家族みんなで絵本を楽しんでいます♪
夢は『自分の絵本を出版すること』と『絵本図書館をオープンすること』です☆

追記(2006・8・1)
大きな夢のひとつが叶いました☆
私がかいた絵本『ゆうちゃんとれいちゃん』(日本文学館)本日発売されました☆(残念ながら、2010年2月現在、書店、出版社では在庫切れしており、再版のめどはたっておりません。)

追記(2007.10.26)
春から、娘たちの通う小学校で、絵本読みのボランティアを始めました☆

追記(2010.2.23)
もうひとつの大きな夢「小さなえほんとしょかん ゆめのたね」を昨年末にオープンしました☆

好きなもの
夫と3人のこどもたち♪
我が家の愛ウサギ『パンダ君』
絵本&童話☆
スキー、よさこい。
チーズ、コロッケ、冷奴。
ハワイ、北海道。
ひとこと
絵本好きの方と、絵本について語り合いたい一心で、PC音痴の私が、検索で絵本ナビを見つけたのが、5年ほど前のことです☆
元々文章を書くのが好きでしたし、投稿した感想がすぐUPされるのがうれしくて、ナビへの投稿が趣味になりました(笑)。
いつの間にか、投稿数も1500を超え、『幸せの絵本』や『幸せの絵本2』にも掲載される、うれしいオマケ付きでした♪
これからも、たくさんの絵本と出会い、マイペースで感想&評価の投稿も続けたいです。
絵本を通して、メンバーの皆さんと交流できたらうれしいです♪
今後もどうぞよろしくお願いします☆

追記(2010.2.23)
8畳ほどの小さな図書館ですが、お近くにお住まいの方、ぜひご来館ください♪(くるりくまさん、さわこさん、いーめいさん、さたちゃん、サンキュウさん・・・他、県内の皆様、お待ちしております☆)
ブログ/HP
しばらくお休みさせていただいていたブログですが、絵本図書館オープンを機会に、リニューアルオープンいたしました♪よかったら遊びに来てくださいね♪

ぼのさんの声

1906件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい マラソン大会にちなんで・・・  掲載日:2010/10/8
そんなことって、ある?
そんなことって、ある? 作: 奥田 継夫
絵: 西村 繁男

出版社: サンリード
これも、今朝5年生に読んできた絵本です。
ずーっと前に、安藤パパに、お話し会で読んでもらったことがあるのですが・・・感想書いてなかったみたい(大汗)。

昨日、全校マラソン記録会があったので、何かいい絵本ないかな〜っと、我が図書館を探していて見つけました。
みごとな桜の木が描かれてるので、季節は春ですが、春に高学年に絵本を読むチャンスがないので、そこは大目に見てもらって・・・(笑)。

ぼくがジョギングの用意をしていると、「みんなで走ろう」とおじいさんが言い出して、家族みんな(おばあさんはお留守番。でも、脇役のこのおばあさんも、とってもいい味出してます〜♪)で走ることになったのですが・・・。
読み進めるうちに、一人減り、二人減り・・・と、話の展開は想像できるのですが、期待を裏切らないところが、子どもたちもうれしいようです。
どの子も、主人公の「ぼく」になりきって、「そんなのずる〜い!」「そんなことって、ある?」と、とても共感できる絵本です。

昭和の雰囲気のレトロな町並みを眺めるのも、また楽しいです♪

読み終わって、5年生の教室から帰る時に、ふと壁を見ると、新規オープンした市の図書館で近々開催される「西村繁男原画展」のポスターが!
その点からも、とってもタイムリーな絵本でした!!!
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 高学年にも大ウケ!  掲載日:2010/10/8
しゃっくりがいこつ
しゃっくりがいこつ 作: マージェリー・カイラー
絵: S.D. シンドラー
訳: 黒宮 純子

出版社: らんか社
我が家でも大人気の絵本で、何度も読んで、とっくに感想書いたつもりでいましたが、探したらなかったので改めて・・・(汗)。

今朝、5年生に読んできました。

鼻をつまんで水を飲む、がいこつさんの表紙を見せると、興味津々!
最初から身を乗り出して聞いてくれるので、導入にピッタリですよ♪
何をやっても、しゃっくりが止まらないがいこつさん。
特に、入れ歯が飛び出したり、砂糖を食べたり、逆立ちして水を飲むシーンは大爆笑。
「ありえね〜!」と、口々に言う子も。

それにしても、こんなにしゃっくりを止める方法があるなんて、この絵本読むまで、知りませんでした〜!!
今度、自分がそうなったら、片っぱしから試してみたくなりますね。

さて、親友のおかげで、無事しゃっくりが止まったがいこつさん。
その方法は・・・???
読んでからのお楽しみ〜ってことで・・・。

ハロウィーンのかぼちゃちょうちんや、落ち葉かきも登場するので、今の季節にぴったりですよ〜!
参考になりました。 4人

なかなかよいと思う こんな骨なら持ってみたい?!  掲載日:2010/8/31
ものいうほね
ものいうほね 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
夏休みも残りわずかとなった、先週の週末、次女の友達を4人呼んで、恒例のお泊まり会をしました。
庭に張ったテントで眠るというので、お休み前に何か1冊読んであげようと、隣接する私設図書館から選んだのがこの絵本。
怖いくせに、怪談話で盛り上がってたので、タイトルからしていいかな〜と、内容も知らずに読み始めました。

最初は「こわい!やめて!」なんて騒いでましたが、さすがスタイグさんのストーリーは面白く、どんどん惹き込まれていきます。
のほほんとした主人公=ぶたの女の子パールと、不思議なもの言う骨のやりとり。
そこへ現れる悪者!
悪者を追い払う骨!
そこまでは予測できても・・・さらなる展開にドキドキ。
骨自身さえ知らなかった、魔法の力に、拍手!!!

お話も面白く、絵もいい感じ♪
せたていじさんの名訳も美しい。

ただ、暗いテント内で、懐中電灯の明かりだけで読んだせいもあり、普段使い慣れてない美しい(ちょっと昔の?!)日本語や、滑らかに読めば本当に魔法の呪文のようなカタカナ語を、かなりつっかえてしまいました(汗)。
一度練習してから、読めばよかったな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ワールドカップ&父の日・・・旬の絵本!  掲載日:2010/6/17
ボールのまじゅつし ウィリー
ボールのまじゅつし ウィリー 作: アンソニー・ブラウン
訳: 久山 太市

出版社: 評論社
今朝は、6年生今年度最初の絵本読みボラ。
「何を読もうかな〜?!」と、ずっと迷ってて、朝になって急に「これにしよう!」と思い立ったのが、この絵本!

ワールドカップ熱に沸いている今、旬でしょう?!(笑)

サッカーが大好きなウィリーは、毎週練習に通ってボールを追いかけてますが、サッカーシューズも買えず、誰も相手にしてくれません。
そんなある日、サッカーの上手い不思議な男の子に出会います。
その子からもらった古いシューズを履いてみると・・・???

ウィリーは、急にサッカーが上手になったのは、魔法のくつのせいだと思ってますが、実はそうじゃなかった!
こつこつ努力続けてきたことが、ちゃんと力になっていて、ちょっとしたけっかけで、花が開くんですね。

見た目や、今までの結果だけで、「どうせだめだ〜」「できっこない」
「俺なんて・・・」とあきらめてしまいがちな、子どもたちに勇気を与えてくれる素敵な絵本です♪

ゴリラ好きのアンソニー・ブラウンが、愛情をたっぷりこめて描いた絵が、すごくいいです!

そして、背中を押してくれた不思議な男の子が、家に飾ってある写真のお父さんそっくりなのがいいですね。
きっと、若かりし頃のお父さんが、力を貸してくれたんでしょうね。

もうすぐ父の日!こちらの理由からも旬の絵本です♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 先が知りたくて一気に読めちゃう!  掲載日:2010/5/16
ずいとん先生と化けの玉
ずいとん先生と化けの玉 作: 那須 正幹
絵: 長谷川 義史

出版社: 童心社
ネットのオークションでGETしたばかりの絵本(というか、幼年童話というか・・・?!一応すべてのページにカラーの絵が入ってるので、我が図書館では絵本のコーナーに並べます!)です。

GW中に次女(小4)の友達が3人泊まりに来たので、寝る前に読んであげました。

帯に小学校3・4年生の課題図書と書かれている通り、小学校中学年に読んであげるのにぴったりの長さ&内容でした♪

ずるがしこいお医者さん=ずいとん先生VS若い女狐の化かし合い!
もう、これだけで、期待大ですよね?!(笑)
期待を裏切らない、二転三転する展開に、聞いてる子どもたちはもちろん、読んでる私の方も、すっかり引き込まれ、この勝負どっちが勝つんだろうと、わくわくしながら読みました♪
けっこう長めの文章ですが、先が知りたくて、アッという間に感じました。
やっぱりなぁ・・・という結末に大満足でした。

那須正幹さんの文章もよかったですが、何といっても、迫力ある長谷川義史さんの絵がたまりません!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うわぁ!ぼの様だって!!!(感涙)  掲載日:2010/4/21
サカサかぞくの だんなキスがスキなんだ
サカサかぞくの だんなキスがスキなんだ 作・絵: 宮西 達也
出版社: ほるぷ出版
ふと、玄関のポスト横を見ると、ほるぷ出版から「絵本プレゼント」の封筒が・・・?!
中から出てきたのは、この絵本!!!
しかも、宮西さんのサイン入り♪さらに、直筆カードまで♪♪♪

そ、そうです!
絵本ナビのメルマガで、「読者の回文募集」を知り、締切まで毎朝ウォーキングしながら、ブツブツ唱え、回文を作りまくり、「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる!」と応募したのでした〜(笑)!

そのうちのひとつ「だんな、キスが好きなんだ」が、なんとタイトルになってるじゃん!!!(もちろん、同じ回文を考えた方がたくさんいらしたと思いますが・・・。)

憧れの宮西達也さんの絵本に、恐れ多くも「ぼの様」と載ってしまった!(う、うれしすぎる〜。号泣)

宮西さんの回文絵本の第2弾です!
今回は、いなくなった「じいじ」を探しに、ロケットに乗って宇宙へ行く、サカサ家族のお話です。
もちろん、全部回文で書かれていて、起承転結のあるストーリー。
そして、やっぱり最後は、感動のラブシーン♪
宮西さんって、ホント凄い!尊敬です☆

前回は原始時代だったのが、今回は宇宙=未来?!そして既に決まってる第3弾は、サムライ編(戦国時代?それとも江戸時代かな?!)だそうですよ〜!(まるで、タイムマシンに乗ってるようだわ〜!)
次回もまたまた、回文募集だそうで・・・ブツブツ唱える日々が始まりそうです(爆)。
頭の体操に、皆さんもいかが?!
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい つい並んでみたくなる行列です!  掲載日:2010/4/13
なんのぎょうれつ?
なんのぎょうれつ? 作・絵: オームラ トモコ
出版社: ポプラ社
動物たちがきちんと並んでる姿と鮮やかなブルーの表紙に惹かれて、「いったいなんの行列?!」と、本屋さんで手にとって、立ち読みしちゃいました〜。

読んでみたら、期待以上に、楽しい絵本でした♪

その時は、予算がなく買わずに帰ったのですが、どうしても忘れられず、我が絵本図書館にも置きたいと、ネットの本屋さんで注文して購入しちゃいました!

なんといっても、行列のわけがすばらしい!
皆さんのお楽しみを奪うのは忍びないので、ここでは言いませんが・・・
私も、これのためなら、何時間並んでもいいかな?!(笑)

小さい順に並んで待っている、50ぴきの動物たちの様子も、見ていて飽きません。
前のお客さんが怖くてつめられなかったり、泣いてる赤ちゃんを他のお客さんがあやしてくれたり、しりとりしたり・・・etc
ただ黙って待ってるのはつらいけど、これなら待ち時間もあっという間でしょう♪
案内係のトリも、かなりいい味出してます。

絵もとてもかわいくて、リアルすぎず、かといって擬人化してるわけでもなく、それぞれの動物の特徴をきちんととらえていてわかりやすく、動物好きのお子さんにもおすすめです☆

次女も4年生になり、一緒に絵本を読むことも少なくなってしまいましたが(涙)、この絵本はソファーに並んで座り、細かいところまで発見しながら、ワイワイ楽しみました♪
次女も、この行列にだったら、並んでみたいそうです(笑)。
参考になりました。 5人

自信を持っておすすめしたい ホーーー!!!みごとなしだれ桜に感嘆!  掲載日:2010/4/7
やまのかぜ
やまのかぜ 作・絵: 木葉井 悦子
出版社: 架空社
図書館のお客様からいただいた、今は絶版の絵本だそうです。

山の風に誘われて、動物たち(人間の女の子も)が向かう先には・・・???

ストーリーはいたってシンプルで、ちょっと物足りなさを感じる方もいるかと思いますが・・・
とにかく、絵が美しい!
見開き画面いっぱいに描かれた、しだれ桜のページは・・・

ホーーー!!!

思わず感嘆のため息をもらしてしまいました。
(今の季節にピッタリ☆もちろん、目立つ所に、開いて飾らせていただいてます♪)

また、動物たちが踊りなどを披露する、字のない見開き3ページ分の絵も迫力があり、見ていて飽きません。

絵ももちろんですが、個性的な擬態語(動物たちが歩いたり、飛んだりする音です!誰の音かわかるかな?!)も魅力的です☆

でっでっでっ
たーれり たーれり たーれり
だばこん だばこん だばこん
すわっ すわっ すわっ

ジョバンニさんが子供ウケはしないだろうとおっしゃってましたが、意外と、小さな子は、言葉の響きをおもしろがるかもしれませんね?!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う へぇ!芥川龍之介って、こんな作風なのね!  掲載日:2010/4/6
くもの糸・杜子春 (新装版)
くもの糸・杜子春 (新装版) 作: 芥川龍之介
出版社: 講談社
中3(4月から)の長女の春休みの読書課題として、1人1冊ずつ配られました。(学校の蔵書の貸し出しです!このために120冊買ったらしい?!)

かの有名な「くもの糸」「杜子春」「鼻」などの短編が11編載ってます。

現代っ子には読み慣れない、独特の言い回しが苦手なようで、娘は「つまらな〜い!」と早々に投げ出してしまいました。(春休みも残りわずか。そろそろ読んでおかないと、課題テスト解けないぞ〜!!大汗)
そういう私も実は、こんなに有名なのに、今まで1度も読んだことなく(恥)、せっかく手元に転がっていることだし、お先に読んでみることにしました(笑)。

「くもの糸」や「杜子春」はあらすじこそ知っていましたが、他の作品は、見るのも聞くのもはじめて。
へぇぇ!芥川龍之介って、こんな作家だったんだ〜?!と、かなりびっくりさせてもらいました。

確かに、聞き慣れない古い言葉もたくさん出てきますが(すべて仮名がふってあり、親切に意味まで載せてくれてます。)お話ひとつひとつは、とっても不思議で面白く(ちょっと「世にも奇妙な物語」みたいな感じ?!)題材も幅広く、興味深いです!

中でも、私が気に入ったのは「白」という、犬のお話♪
仲間を見捨てて逃げてしまった罰なのか、突然黒犬になってしまった白。飼い主にもわかってもらえずに家を追い出され・・・???
黒犬の活躍ぶりが、新聞記事として出てるところなんて、斬新でおもしろかったですよ〜♪ハッピーエンドなのもうれしいです☆

私のように未読な方、一度読んでみても損はないですよ(笑)。
短編集なので、家事の合間や、ちょっとした待ち時間にすぐ読めます♪
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 多感な少女にも、オジサン、オバサンにも。  掲載日:2010/4/6
時空ハンターYUKI 2
時空ハンターYUKI 2 作: あさの あつこ
出版社: ジャイブ
あさのあつこさんの大ファンです♪
大人向け、子ども向け問わず、手当たり次第、読み漁ってます。

この春、中学生になる女の子が、私の図書館から、1,2巻まとめて借りていって、あっという間に読んで「おもしろかった♪」と返してくれたので、私も2巻続けて読んでみることにしました。

2巻目の主人公は、1巻目では脇役だった、人間の言葉をしゃべる白い子猫=おゆき。
ここでは、猫の姿ではなく人間の女の子として、しかも江戸時代へと舞台が移ります。
着物の仕立てで生計を立てる母=おひさを助けながら、貧しくも明るく幸せに暮らしていたおゆきの前に、ある日、不気味な武士が現れ・・・???
ちょっと、おどろおどろしていて、残虐なシーンもありますが、話の展開が気になり、一気に読んでしまいます。

等身大の女の子が活躍するこのシリーズは、多感な10代の女の子たちにおすすめしますが、昔女の子であったオバサンでも、時代劇が好きなオジサンでも、幅広い世代に楽しめると思いますよ♪

1,2巻は続いてますが、お話は独立しているので、順番に読まなくても大丈夫!どっちから読んでも、続きが気になります(笑)。

3巻目は出てるのかな?!二人のYUKIの今後の活躍を早く見てみたいです。
参考になりました。 0人

1906件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット