宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
しんぶんでおるぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しんぶんでおるぼうし

作・絵: 千野利雄
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「しんぶんでおるぼうし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年07月
ISBN: 9784265912032

小学校低学年向き

出版社からの紹介

日本のかぶとから,はては外国のソンブレロやカウボーイハットまで,新聞からできる数々の帽子作りのヒントです。

ベストレビュー

切らなくてもできる

新聞紙の兜はおなじみですが、正方形に切らなくてはいけませんよね。この本で折り方が紹介されている13種類の帽子は切らなくてもいいんです!「これをかぶるとおばけだぞ」「これをかぶるとしょうぼうし」などなど、かぶったイメージの絵が2〜3色刷でダイナミックに描かれているのもおもしろいです。最後にはソンブレロ(海賊帽子)から消防士、舟、Tシャツと変化させてのお話のアイディアも紹介されています。
33年前に発行されていますから絶版かも知れませんが、あそびの絵本シリーズとして、図書館で見つけられると思います。
(あさやんさん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ




『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

しんぶんでおるぼうし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット