くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
しのはきょろきょろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しのはきょろきょろ

  • 児童書
作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しのはきょろきょろ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784251006394

小学校低学年以上
A5判/93ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

5歳のしのは、お母さんが美容室にいる間にデパートを一人で探検。
エレベーターに乗って地下食品売り場へ。魚の目って「さくらんぼ姫」をねらう大かたつむりの目みたい!キャンデー売り場で落ちていたキャンデーを届けて、おもちゃ売り場で男の子のなくした百円を見つけてあげて…、最後に「ヨーロッパおかしまつり」の会場で、なんと本物のさくらんぼ姫に出会ったしのは…!?
谷川俊太郎・和田誠コンビが贈る傑作幼年童話の復刊!

ベストレビュー

デパートが迷宮だった頃

1969年初版のものの復刊です。
谷川さんも和田さんも30代。絵も言葉も遊び心もぴかぴかしています。
私は10歳でした。このころは、デパートは最高の娯楽施設。子供にとって用があるのはおもちゃ売り場や屋上の遊園地だけなんだけど、そのほかの「大人の場所」も魅力的でした。
エスカレーターやエレベーターもどきどきの「乗り物」。
地下食料品売り場のキャンディーカルーセルなんて、40代以上の人じゃなくちゃわからないのでは?
10歳ですらおっかなびっくりの迷宮を、5歳のしのちゃんが、ひとりで冒険します。うらやましい!
でも、大人と一緒に歩いていたあの頃だって、子供というものは一人で冒険する想像でいっぱいだったんだよなあ、と懐かしくなりました。
今の子供たちは、大型ショッピングモールで、そんな気持ちを味わってるのかなあ・・・疲れ切ってる顔しか見かけないけど・・・
(あさやんさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / ねむたいひとたち / いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ / 生きる

和田 誠さんのその他の作品

密林一きれいなひょうの話 / あいうえどうぶつえん / ぬすまれた月 / いろは いろいろ / 復刊絵本セレクション 1 みつばち ぴい / 和田誠 私家版絵本ボックス



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

しのはきょろきょろ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット