もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
やんちゃだっていいんだよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やんちゃだっていいんだよ!

作: 大津 千絵
絵: 東川 あき
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,300 +税

「やんちゃだっていいんだよ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

小学生になったあゆむのまわりには、いつもジュニア君が住んでいる。小学生になってできた友達のたいちやひろと遊ぶ時も、いつもジュニア君と一緒。今日もあゆむは学校から帰ると一目散に、たいちと遊ぶ約束をしたフクロウ神社まで自転車に乗って急いで向かっていった……。子どもたちが生き生き、のびのびと近所の田んぼや神社で友だちと遊ぶ姿が描かれた絵本。どこか懐かしさを感じさせる絵とともに、子ども目線で彼らの世界が描かれている。

ベストレビュー

やんちゃってなんだろう

 我が家の息子は、「やんちゃ」と言われる。なので、この本をみたとき、息子とおなじかどうかという視線で読んだ。それも、息子と。にやにやしていたが、そばにいつもいるジュニア君がきになるみたい。ジュニアがほしいのかどうかは、聴いてみたけど首を傾けて考えてしまった。いいアドバイス役なんだけど、この役割りをまだ小学校1年生では、無理なのかな?

 あゆむくんの「やんちゃ」度は、本当にかわいいもんです。息子なんか日常茶飯事。自転車に乗って怪我をしたり、きっと、こどもらしい子どもの姿が、環境的にも減っていることを痛感した。

 子育ての環境整備は大変。何が良くて何が悪いよりも、「今、何をかんじているのか」かなと自分流に解釈している。ある程度選択はするけれど、事の善し悪しをきちんと理解させることが重要かな?

 と、親である私が、この本をよんで考えた。子どものこの時期に体験できることは、昔も今もかわらないと思う。のびのび育てたいなら、「やんちゃ」は重要なエッセンスかもしれない。
(キヨタクンさん 40代・ママ 6歳)

出版社おすすめ




まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

やんちゃだっていいんだよ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット