雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
とん・ちん・かん、トン・テン・カン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とん・ちん・かん、トン・テン・カン

作: 長瀬 博
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,000 +税

「とん・ちん・かん、トン・テン・カン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

かじ屋さん、大工さん、床屋さん……かつて町や村にはいろいろな色や音が、あたたかな人の心と一緒に生きていました。「二人の職人さんが真っ赤に焼けた鉄を大きな槌と小さな槌で交互に打ち合うトン・テン・カンの音」に惹かれ、かじ屋に通う少年を描いた『とん・ちん・かん、トン・テン・カン』。お祭りで出合った美しい音楽、アコーディオンと草笛の音色に夢中になる少年のお話『ヒロちゃんと草笛』。人と人とのあたたかい心の交わりが、さまざまな音色に乗せてつづられた、大人にも子どもにも読んでもらいたい童話集。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

とん・ちん・かん、トン・テン・カン

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット