ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(9) そらをとんだいちりん車の巻 宮崎の旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(9) そらをとんだいちりん車の巻 宮崎の旅

  • 児童書
作: なすだ みのる
絵: あべ はじめ
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(9) そらをとんだいちりん車の巻 宮崎の旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784893173959

小学校低学年から
A5判 96ページ

出版社からの紹介

一郎太は、いちりん車にじょうずに乗ることができませんが、こんどの学校での「いちりん車きょうそう」の日までに乗れるようになりたいと思っています。
一郎太はお父さんと宮崎県の西米良に行くことになりました。そこで、いちりん車の練習をしていると、西米良に大昔から住んでいる森の精「かりこぼうず」に出会います。

ベストレビュー

ステキな友達

このお話は、お父さんが友達に誘われて森の木の健康を見に行くのについて行った一郎太という男の子のお話でした。一郎太はこの森でかりこぼうずという妖精と出会って、苦手な一輪車を克服していました。これをきっかけに二人はとっても仲良しに。素敵な出会いが素敵な絵本でした。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

なすだ みのるさんのその他の作品

忍者サノスケじいさんわくわく旅日記(第8期:全6冊) / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(富士山の旅) (48)みんなあつまれ! の巻 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(47) うつくしい島の巻 沖縄の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(46) ツルよ はばたけ!の巻 北海道の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(45) でた!おばけワニの巻 茨城の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(44) パンダが きえた! の巻 東京の旅

あべ はじめさんのその他の作品

わるいわるい王さまとふしぎの木 / クリスマスのよるに / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(43) 手をつなごう!の巻 栃木の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(42) ひかる石の巻 山口の旅 / 忍者サノスケじいさんわくわく旅日記(第7期:全6冊) / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(41) 小さな海の忍者の巻 富山の旅



困っているぼくのところに本物の神様が!

忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(9) そらをとんだいちりん車の巻 宮崎の旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット