モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
モモンガのはいたつやさんシリーズ、待望の続刊!

イカリサンカクさんの公開ページ

イカリサンカクさんのプロフィール

ママ・20代・石川県、男の子6歳

イカリサンカクさんの声

4085件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いろんなお仕事  掲載日:2014/8/22
あいうえどうぶつ おしごとなあに
あいうえどうぶつ おしごとなあに 文: 小野寺 悦子
絵: 加藤チャコ

出版社: 福音館書店
このお話はあいうえお順にいろいろなお仕事を紹介してあるのお話でした。最近学校でひらがなを習ってくるのでこの絵本は率先して自分で読んでいました。言葉遊びの要素がつい本なので読んでいてもとっても楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 毒まみれ  掲載日:2014/8/22
Why?有毒生物のなぜ
Why?有毒生物のなぜ 文: イ・グヮンウン
絵: イ・へジョ

出版社: 学研
このお話は世界中の毒をもった生きものが載っていました。陸から海まで載っていて、うちの子はとっても気に入っていました。マンガタッチなのですが、生物の所は本物の写真が使ってあって子供はとってもわかりやすくて面白いって言っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんかはまってます  掲載日:2014/8/21
おひめさまようちえんのにんぎょひめ
おひめさまようちえんのにんぎょひめ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
このお話、女の子用だとかなんとか子供は言っていたのですが・・・なんか気にって読んでいます(笑)今回は、人魚の世界へ行くのですが、海の生き物たちを触れ合ったり、変わったプールで遊んだりと男の子も好きな要素もあって楽しかったみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 女の子向けかな  掲載日:2014/8/21
おひめさまようちえん
おひめさまようちえん 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
なんとなく借りてきたこの絵本。とってもガーリーな内容でした。ドレスを選んだり宝石を選んだりと女の子が好きそうなお話の展開でうちの子はつまらなそうだったのですが、この絵本の主人公の女の子がこの幼稚園の入園テストを受けて大笑いでした。この女の子はとっても男勝りな女の子だったのです。そこがうちの子のツボだったみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 家族  掲載日:2014/8/21
大きな大きな船
大きな大きな船 作・絵: 長谷川 集平
出版社: ポプラ社
このお話は、お母さんが病気か何かわからないがいないお父さんと少年の家族のお話でいした。子供はお父さんに気を使っていて、お父さんは気丈に頑張っている姿がジーンってきました。男同士の絆みたいなものも描かれていて、ちょっとした映画感覚で読めましたが、子供はよくわからないって言っていました・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読むのが大変・・でもおもしろい!!  掲載日:2014/8/21
なぞなぞライオン
なぞなぞライオン 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 理論社
このお話は、なぞなぞ、早口言葉、しりとりのお話が三話収録されていました。うちの子は早口のお話が気に入っていたのですが、なぜかというと、私が読めなくて悪戦苦闘しているのが面白かったみたいです。読む人にとっては大変ですが、子供は大笑いで楽しめる絵本ですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 館の人生  掲載日:2014/8/21
おおきな やかたの ものがたり
おおきな やかたの ものがたり 作・絵: 青山邦彦
出版社: PHP研究所
このお話は立派な館のお話でした。昔は、とっても立派なお屋敷だった館は時代の流れによっていろいろ用途に用いられデザインもいろいろ変わっていきました。その中で館が自分お姿に葛藤しているのを見てうちの子は「僕の家もなんか思ってるかな??」って家の気持ちを考えるようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悲しい・・・  掲載日:2014/8/21
島ひきおに
島ひきおに 作: 山下 明生
絵: 梶山 俊夫

出版社: 偕成社
鬼の絵本って怖い鬼のイメージの物が多いのですが、この絵本の鬼はとっても優しくって信じやすいタイプでした。いろいろな島に自分の住んでいた島を引きずって一緒に遊ぼうと誘うのですが、村人たちはあれやこれやと言い訳をして鬼を違う島に追いやってしまいます。そのうちに鬼も島も海の中に消えていってしまうという・・・。なんか切なくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見た目じゃないね!  掲載日:2014/8/20
オオカミだぁ!
オオカミだぁ! 作・絵: サーラ・ファネリ
訳: 掛川 恭子

出版社: 岩波書店
このお話はみんなに親切なオオカミのお話でした。でも、みんなに親切にするのに、助けてもらったみんなはオオカミを見ると怖がって逃げたり追い払ったり!うちの子はそれを見て、「ちゃんとお礼しないとだめだよね!!」って言っていました。でも、最後にはみんなでピクニックに行ってとっても楽しそうにお話が終わったので良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦争のお話  掲載日:2014/8/20
くつがいく
くつがいく 作: 和歌山 静子
出版社: 童心社
このお話は、靴を視点に戦争を描いたお話でした。兵隊さんたちが歩く足音、人を踏みつぶすなど靴はいろいろな残酷な経験を戦争でしてきました。そして最後は靴ももちろん人間もボロボロになるのです。このお話を聞いて戦争の恐ろしさが伝わってきて子供に読んであげたらいいと思いました。
参考になりました。 0人

4085件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中