ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ゆうれいばあちゃんのねがい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうれいばあちゃんのねがい

作: 井上 よう子
絵: 宮本 忠夫
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆうれいばあちゃんのねがい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784580820401

小学校低学年向き
頁数 80ページ 版型 A5判

亡くなったおばあちゃんが大切にしていた花びんにひびを入れてしまった! 次の日、朝から失敗の連続で、ゆうきが「花びんのたたりだ」と友だちのいっぺいに話したところ…。

気が弱くて、友だちに言いたいことが言えないゆうき。おばあちゃんはそれを歯がゆく思いながら、いつかゆうきが変わるのを期待していました…。おばあちゃんがゆうれいになって現れたのはなぜ? おばあちゃんの長火鉢の引き出しにかくされていたものは何? 他人との関わりを自覚しはじめる低学年におすすめの物語です。(編集部からのおすすめ)

ベストレビュー

泣いて読めませんでした。

この本は図書館でほんとに何気なく手にとったものでした。
文字も大きめで、きっと、低学年くらいの子どもが自分で読むものだと思いましたが、私は子どもたちに読み聞かせをしました。
気が弱くて、自分の思っていることをなかなか言い出せないゆうき君のおばあちゃんが亡くなってしまいます。
そのおばあちゃんが大事にしていた花瓶を割ってしまうゆうき…。
おばあちゃんのたたりが起こるかもと不安に思っているある日…
おばあちゃんがゆうれいになって出てきます。
おばあちゃんがゆうきに伝えたかったこと、
おばあちゃんの引き出しに大事に保管されていたもの…
もうこの辺りで私は泣いてしまって読むことができませんでした(^^;)
おばあちゃん子だったので余計です。
こんなに良い本のレビューがないことがショックであわてて
感想を載せました。是非、読んでみて下さい。
(ラズベリーテッドさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 よう子さんのその他の作品

ちかてつ てっちゃん / くじゃくのジャックのだいだっそう / 海中大探険! しんかい6500で行く、深海への旅 / おにより つよい およめさん / どこかいきのバス / でんでんどん

宮本 忠夫さんのその他の作品

読書リレー(3) 1〜2年生 くわせろ / 読書リレー(2) 5〜6年生 頭蓋骨のたんこぶ / とっておきのあさ / 松谷みよ子 おはなし集3 / やぶ坂からの出発 / やぶ坂に吹く風



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

ゆうれいばあちゃんのねがい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット