庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
ニック・シャドウの真夜中の図書館3 ゲームオーバー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニック・シャドウの真夜中の図書館3 ゲームオーバー

  • 児童書
作: ニック・シャドウ
訳: 金井真弓
出版社: ゴマブックス

本体価格: ¥880 +税

「ニック・シャドウの真夜中の図書館3 ゲームオーバー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


「ニック・シャドウの真夜中の図書館」ホームページ>>>

出版社からの紹介

世界中がふるえあがったイギリスの大人気ホラーシリーズ!
さあ、危険なゲームのはじまりです。

ゲーム中毒の少年サイモンは、新しいゲームを手にいれた。
それは恐怖の斧男をコントロールし、『現実の町』を破壊するゲームだった。
町を破壊しつくした斧男がさいごにねらうのは……。


ベストレビュー

今回もスリリング

ゲームのつもりが本当に街を破壊してしまった少年とその結末、優しくしてあげた哀れな小さい女の子にハメられ悲惨なことになる性格の良い少女、時間をさかのぼって被害者からきた謎のメールで事件を解明するものの困ったことになる少女、、、、

今回も、みんなに予想外のスリルが与えられる3話でした。1話目は仕方ないところもあるが、性格が悪くない(むしろとても良い人である)2話目はかわいそう、、、。そのうち、良い結末のこともあるのかついついあとをひいてしまう小説です。

3話目は結局犯人はあの子?それとも偶然?とオチをはっきりはかいていない話もあるのでなかなか面白いです。

大人にも面白く読めますが、子供も小学生中学年くらいからラクに読めると思います。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ニック・シャドウさんのその他の作品

真夜中の図書館 1 / ニック・シャドウの真夜中の図書館14 死の目撃者 / ニック・シャドウの真夜中の図書館15 血のドレス / ニック・シャドウの真夜中の図書館12 夢からでた悪魔  / ニック・シャドウの真夜中の図書館13 呪いのマスク  / ニック・シャドウの真夜中の図書館 クリスマスBOX2 5〜8

金井真弓さんのその他の作品

ザック・パワー任務その4 雪の大地にあらわれる謎の飛行機を調べろ!



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ニック・シャドウの真夜中の図書館3 ゲームオーバー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット