いちにちむかしばなし いちにちむかしばなし
作: ふくべ あきひろ 絵: かわしまななえ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
いちにちシリーズ第6弾!

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子7歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

2564件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 悪者が勝ったらどうなるか  掲載日:2015/7/3
パパはわるものチャンピオン
パパはわるものチャンピオン 作: 板橋 雅弘
絵: 吉田 尚令

出版社: 岩崎書店
シリーズ続編。

パパはプロレスの悪役。息子が応援しにきたのでつい頑張って勝ってしまうパパ。でもみんなにゴミを投げられます。

なんで悪者を応援するか聞かれたぼくが、パパの正体を言うのかと思うと、、、ごまかしていました。そこが面白かったですね。

ほのぼのできる絵本でした。ちょっと切ないけど、親子愛がすてきです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物がお客  掲載日:2015/7/3
王さまレストラン
王さまレストラン 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
王様が、お客の動物の無理難題をきいていく話。

レストランをはじめた王様は、いろいろあって、まず、かえるにへびカツを食べさせます!(食物連鎖の逆!)

そのうまさに満足したかえるの涙を、蝶がスープとして飲みます。

蝶の飛び込んだ花をうさぎが自分で料理して食べます。うさぎはなんと王様を揚げた王様カツを食べようとします。食べられそう!!!

なかなか面白い話でした。

最後、王様がカツを家来たちにふるまうところはおいしそうでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 卵だらけ!  掲載日:2015/7/3
たまごがいっぱい
たまごがいっぱい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
卵を食べてはいけないと突然決めた王様。

でも、食べないと卵がどんどん増えるのでは?

めんどりもフライパンも怒ってしまいます。

もし私たちの生活で卵がなかったら、カツもプリンもホットケーキも卵焼きも作れないですよね。

最後はうまくおさまるのでにっこり。

なかなか良い話だったと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自作自演  掲載日:2015/7/3
王さまめいたんてい
王さまめいたんてい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
勉強をすすめられた王様は、自作自演で大泥棒のなぞかけ?を残します。

それも、大どろぼ、と間違って書いています。内容もにんぎうが何とか、なんだかぜんぜんわかりません。

でも、みんなが頭を悩ませていても、犯人の王様はもちろんわかるので、みんなに感心されます。

しかし、隠し場所にあらわれてしまうので、王様が犯人とばれてしまい、大臣に勉強しましょうと言われてしまいます。

なかなかとんちがきいているのでおもしろいです。

文章が長いといやがる娘ですが、しっかり最後まで集中して読んでいました。面白かったみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う チョコバナナは面白い  掲載日:2015/7/3
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
今回は、チョコバナナやかき氷やわたあめといった夜店の定番スイーツや、たこ焼き、焼きそばに化けます。最後はラムネで消滅。

前の、スパゲティもそうですが麺類に化けるとちょっと気持ち悪い感じですが、夜店の雰囲気が感じ取れてとても楽しそうです。

娘も楽しんで笑いながら読めていました。

6歳くらいまでが適していると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今度は消えます!  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻 作・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
ぶどう、たいやき、うめぼし、いくら、、、いろんな食べたものにばけていきます。

最後は牛乳をのんで消えてみる!

そうか、こういうのもありますね。

最後に残ったいくらに子供が反応していました。

梅干しバージョンはかわいくないなあと娘はつぶやきながら、でもばけたくんが気に入っているようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べ物にばけちゃう  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん
ばけばけばけばけ ばけたくん 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
キャンディなどはきれい。食べたものになるばけたくん。

でも、スパゲティや納豆になってっしまうとちょっと気持ち悪いかも、、、。

でも、ほのぼのしていてシンプルで可愛いです。

簡単なので園児向け。
小学生に読ませるならもう少しひねりがあったほうがよかったかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べたものに化けられるおばけ  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
ばけたくんは、食べたものに化けてしまいます。虹色ジュースやこんぺいとうになったばけたくんがすごくきれい。

虹色ジュースが私も飲んでみたいなあ。

でも、えびフライやかっぱ巻きのついた、むかでのようなおばけになったのはおかしくて娘が大笑いしていました。

でも最後、ケーキを食べたらみんなケーキになったのも面白いですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 正体は猫!  掲載日:2015/6/29
そよそよとかぜがふいている
そよそよとかぜがふいている 作: 長 新太
出版社: 復刊ドットコム
表紙に主人公の猫がぜんぜん出てないのに、、、よくみると手は出ていますが、そこが大事!

主人公のねこ、なんと、おにぎりが好きだからってなんでもおにぎりにしてしまいます。大きな手でぎゅぎゅー!!

ひょうだってぶただって、表紙のてんぐざるだって、顔が三角のおにぎりになってしまいます。

さらには山まで!!

うっそー!!!

という、大笑いできるオチのある作品です。すごいいい、、、。

タイトルももう全然関係ないですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お父さんは木になったら何も言いません  掲載日:2015/6/29
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 著者: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
お父さんに木になってもらった主人公。空想の木でしょうか。

がしがしのぼられても、とりがうんちを落としても!木はなんにも言わないの、、、と心で思うパパ。

最後は人間に戻って、主人公になんでしゃべらなかったのか聞かれます。

答えはもちろん、、、アレですよ。

なかなか良い作品のように思います。癒されるかんじ!
参考になりました。 0人

2564件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中