となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子9歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

3151件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う きびだんごって2つだっけ?  掲載日:2017/3/22
日本の昔話えほん 1 ももたろう
日本の昔話えほん 1 ももたろう 作: 山下 明生
絵: 加藤 休ミ

出版社: あかね書房
ももたろうのオーソドックスな話なので、小児に向いています。

なつかしく読みましたが、あげたきびだんごって、みんな2つずつでしたっけ?

たしかに1つじゃ少ないよね、と思いながら読みました。

他の作品でもいくつあげたか読んでみたいです。

ちなみに、3匹みんなに2つずつでした。ま、差別はしないですね(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シリーズの最初の作品  掲載日:2017/3/22
魔法の庭ものがたり(1) ハーブ魔女のふしぎなレシピ
魔法の庭ものがたり(1) ハーブ魔女のふしぎなレシピ 作・絵: あんびる やすこ
出版社: ポプラ社
娘が気に入っているシリーズの最初の作品。

魔女のもつ家と庭の相続人として選ばれた少女、人間のジャレット。ただし、相続できるかは家に認められるかどうかにかかっています。

家に認めてもらうためには?
家が喜ぶことって?

考えながら、行動していく主人公。

そしてガーディに対するプレゼントは心温まるものでした。ガーディって名前もきっと、あそこ(あらすじがバレすぎないように隠しておきます)から出ているのね、、、と思いながら読みました。

なかなか良い作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友情の話  掲載日:2017/3/10
ぼくの友だち
ぼくの友だち 作: 高橋秀雄
絵: 長谷川 知子

出版社: 文研出版
石べいを壊したり、あばれんぼうのような男の子と、友達のようになる主人公。

でもその乱暴な小野君が、あるとき、1週間も帰ってこない父親を探しに食堂にいくところを、雨の中発見し、応援のために途中までついていく主人公。

友情成立の瞬間が切り取られていてなかなか良かった。

小野君が父と会えるか、ちゃんと帰ってきてくれるか、どきどきしながら読みました。小学校中学年くらいにおすすめ。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 母が家を出るとき  掲載日:2017/2/23
おはなし飛行船 卵と小麦粉それからマドレーヌ
おはなし飛行船 卵と小麦粉それからマドレーヌ 作: 石井 睦美
絵: 長 新太

出版社: BL出版
最初はハードカバーで読みました。文庫本のほうが持ち運びしやすいです。

母親が突然、フランスに半年留学したいと言い出すのですが、主人公は最初はとまどい、だんだん、応援しようと思えてきます。

センスが良くかっこいい亜矢、自立してハンサムウーマンみたいなまゆ子に支えられながら、主人公の菜穂も成長していきます。

まゆ子は個人的にはスキです。

12歳の主人公たちなので、12−13歳におすすめです。章だと漢字が読めないものもわりとあり、親がすべて読み聞かせでう読みました。

赤い靴(象徴ですが)で外に出ようとする母、素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 母の自立  掲載日:2017/2/23
ポプラ文庫ピュアフル 卵と小麦粉それからマドレーヌ
ポプラ文庫ピュアフル 卵と小麦粉それからマドレーヌ 著: 石井 睦美
出版社: ポプラ社
母親が突然、フランスに半年留学したいと言い出すのですが、主人公は最初はとまどい、だんだん、応援しようと思えてきます。

センスが良くかっこいい亜矢、自立してハンサムウーマンみたいなまゆ子に支えられながら、主人公の菜穂も成長していきます。

まゆ子は個人的にはスキです。

12歳の主人公たちなので、12−13歳におすすめです。章だと漢字が読めないものもわりとあり、親がすべて読み聞かせでう読みました。

赤い靴(象徴ですが)で外に出ようとする母、素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にわとりの郵便やさん  掲載日:2017/2/23
ゆうびんやさんの ココリさん
ゆうびんやさんの ココリさん 作: 中川 ひろたか
絵: 市原 淳

出版社: 講談社
屋根の上でコケコッコーを叫ぶ姿、なんだか姿勢がおかしくて笑ってしまいました。

いつも〒を届けるココリさん、に、お手紙が届いて幸せそう、、、。


すごく簡単な文章なので、未就学児から小学校低学年までにおすすめです。

つかれたときによむと、なんだか癒されてしまいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 勉強に  掲載日:2017/2/4
五つの敬語 第1巻
五つの敬語 第1巻 出版社: 理論社
小学校中学年か5年くらいでの、お勉強に良いかもしれません。

お をつけて丁寧になる言葉は?とか、普通語と敬語の違いとか、いろんなものを書いてあります。

ちょっと難しいかもしれませんが、将来役に立つでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イラストがかわいく女の子向け  掲載日:2017/2/4
愛蔵版 ハッピーになれる心理テスト
愛蔵版 ハッピーになれる心理テスト 出版社: 金の星社
娘が気に入って購入しました。

どんなノートをもった人はこういう人!という占いのような心理テストからはじまり、いろんな選び方で心理を読んでいこうとする本。

占いのような感覚で遊んで読めるので、娘は気に入っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 劇セリフにしてあって劇には便利  掲載日:2017/2/4
小学校たのしい劇の本 中学年
小学校たのしい劇の本 中学年 出版社: 国土社
劇本に少し中を変えてありますが、注文の多い料理店やつり橋渡れなどがあり、良かったです。

小さい子にはこのほうがわかりそう。

劇用に子供1 2とか、分けてあるので、劇の台本としても使いやすい気がします。

ワクワク・ドキドキすてきなお泊り会、は、素敵じゃないんだけど、、、ゴキブリにひどい目にあわされるのですがオチはほしいかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 餅が食べたくなります  掲載日:2017/2/2
もちもちおもち
もちもちおもち 作・絵: 庄司 三智子
出版社: 岩崎書店
餅が好きな娘と読みました。

ずんだ餅、いそべ、油揚げに入ったお餅、、、など、食べたいものがたっくさんあり、楽しく読めました。キナコ餅もいいなあ。

最後、出演者としてそれぞれの餅の名前を、ありそうな、関係した名前で出しているのも面白かったです。
参考になりました。 0人

3151件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット