りんりん はしろ! りんりん はしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
そりに乗りたいこ、いる?りんりん!しゃんしゃん♪雪の中、とっても楽しいな!
なしなしなしさん 30代・ママ

雪の中
図書館の「クリスマスがテーマの絵本」の…

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

2388件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 翻訳も韻を踏んでいて面白い!  掲載日:2014/12/16
聖ニコラスがやってくる!
聖ニコラスがやってくる! 作: クレメント・C・ムーア
絵: ロバート・イングペン
訳: 柳瀬尚紀

出版社: 西村書店
サンタさんの伝説、となかいたちの名前(訳していますが)などを説明したような絵本です。

子供向けかというと、ちょっと言葉も難しい(古い昔のことば)し、読むと切れ目がなくてながーい文章。読みづらいです。

でも、読むうちに、韻を踏んでいるのですごく面白くなってきてしまいます。大人は興味深く読めると思います。

「〜クリスマス、〜耳すます」「〜大騒ぎ、〜胸騒ぎ」などなど、、、。とてもいいですね。原語もきっとライムを踏んでいるんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいし知育に良いです  掲載日:2014/12/12
くまのがっこう メモリーゲーム
くまのがっこう メモリーゲーム 税込価格: \864
神経衰弱にも使えるかわいいカードゲームです。遊べるし、コースターのように使ってもかわいいですね。子供が大喜びでした。

自信を持っておすすめしたい すっごく素敵!!  掲載日:2014/12/10
王国のない王女のおはなし
王国のない王女のおはなし 作: アーシュラ・ジョーンズ
絵: サラ・ギブ
訳: 石井 睦美

出版社: BL出版
王国のない王女、って王女じゃないような気もするけど、でも心はプリンセス!名前もプリンセスだし。

貧乏で家族がいなくて一人だけ。すごくみじめな気がしますが、自分で荷物を運んでお金を稼いだりしているお姫様、たくましい。お茶会で出会ったピエロにもらった赤いストッキングをはいて、元気に旅をします。。もらったドレスも全部売り飛ばし、、、すごく商人根性がありますね。パーティでたくさん求婚されたけど、お金と王国のために結婚するなんてことはしないプリンセス、素敵です。

そして道化にまた出会い、結婚します。何も所有はしないけれど「ここかしこ、いたるところ王国」の女王と王になるわけです。所有しないけれど、所有しているという、素敵な心持が良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 世界中の人が手をつなげば、、、  掲載日:2014/11/28
てぶくろ
てぶくろ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
うさぎのみみたんとお姉ちゃんで、1つの手袋を分け合って手をつなぎます。おばあちゃんも加わっても手をつなげば寒くない!

もう少し、人数が増えても、、、やっぱり手袋は1つでいいのです。

世界中で仲良くなれたらいいなと思える、心がほっこりする絵本でした。いもとさんの優しい絵も、この内容にすごく合っていますね。娘も楽しそうに聞いていました。

おすすめです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う そんなに怖くない  掲載日:2014/11/25
くらやみこわいよ
くらやみこわいよ 作: レモニー・スニケット
絵: ジョン・クラッセン
訳: 蜂飼 耳

出版社: 岩崎書店
作者が気になって手に入れた絵本。ラズロという少年が、暗闇をはじめは多少怖がります。でも、ある日、暗闇が部屋にきて、、、懐中電灯をもって、暗闇の声に従って、地下室の引き出しから電球を探し出し、とうとう明るくなります。

オチがないけど、怖くなくて意外なすすみかたをする絵本でした。

他の絵本も読んでみたくなりました。

何か暗示しているのか、ちょっと考え込んでしまいましたが、娘はふつうに怖かったみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人にもおすすめ!!  掲載日:2014/11/25
魔法の庭のハーブレッスンブック(2) ハーブいっぱいのクリスマス
魔法の庭のハーブレッスンブック(2) ハーブいっぱいのクリスマス 作・絵: あんびる やすこ
出版社: ポプラ社
子供に絵本のつもりで買ったら、絵つきの情報ブックに近い内容でした。

クリスマスの情報を挿絵とともに紹介していて、いろんなクリスマスカードの作りかた、リースの作りかた、いろんなクリスマスのお菓子の作り方、オーナメントやキャンドルやポプリ、ルームスプレーなどスノードームなどの作り方も書いてあって面白かった。

キンダープンシュやシュトーレンやクリスマスプディングなど、作って食べたくなります。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いじめの絵本というのはタイトルが悪いかもしれないが  掲載日:2014/11/25
猫の事務所
猫の事務所 作: 宮沢 賢治
絵: 植垣 歩子

出版社: 三起商行(ミキハウス)
いじめの絵本としか思えない内容になっていて、絵本になったのがすごいと思った。猫たちの事務所で、汚いかま猫をみんながさげすみ、所長にまで嘘をふきこんで全員が窯猫を無視しはじめてしまう。泣くかま猫を無視し楽しそうに仕事する他の猫たち。そして獅子が事務所を解散させてしまう。

結末のあと、どうなったのかが気になりますが、後味が悪くて、いじめはよくないと教えるには良いのではないかと思います。

文章も古く、難しいかとおもったけれど、娘は古い言葉が面白いと、笑える内容ではないのに面白かったようです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ぞうのたまごのたまごやき  掲載日:2014/11/23
ぼくは王さま
ぼくは王さま 作: 寺村 輝夫
絵: 和田 誠

出版社: 理論社
ぞうのたまごのたまごやき、の絵本の続き。

ぞうのたまごの話も入っていますが、シャボン玉で割れない首飾りを作ろうとして農作業までする王様の話と、ウソをしまったり嘘に反応して音がなってしまう宝箱の話、腹痛での駐車がいやでサーカスに入ってしまう話など4話あって面白かったです。

特にサーカスの話は娘に大うけ。仕方ないけど、王様の常識のなさときたら、、、お金って何? ですし。

とても面白く読めました。大人が読んでも面白いですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 望遠鏡で彗星を見たくなります  掲載日:2014/11/19
マドレーヌとパリのふるいやしき
マドレーヌとパリのふるいやしき 作: ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
修道院のような屋敷に子供だけで住むマドレーヌ。厳密には先生とかもいますが、ある日、抜き打ちでやってきたえらい貴族は望遠鏡を発見して持ち去ってしまいます。

でも、屋敷には男の幽霊がいました。彗星を見るために200年近く?も待って、待って、寿命がつきてしまったので、彗星を見るために幽霊になったら、望遠鏡を盗まれてしまったと、、、

そう、それは貴族が持って行った望遠鏡。

マドレーヌたちは、取り戻すためにある芝居をして、取り戻し、一緒に彗星を見るんです。

なかなかシックで素敵な絵本でした。

マドレーヌの境遇がちょっと気になりました。他の作品も読みたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い構造になっています。  掲載日:2014/11/19
アナと雪の女王 エルサの氷のおはなし アナの愛のおはなし
アナと雪の女王  エルサの氷のおはなし アナの愛のおはなし 文: リサ・マルソリ
絵: ジョーイ・チョウ
訳: おかだ よしえ

出版社: 講談社
絵本ナビでこの本を発見してさっそく絵本ナビで購入して、すぐに自宅に届きました!

絵は映画とやや違いますが、それでも娘は大喜びしていました。

前半(後半かもしれないけど)はエルサが主人公で、エルサが自分の思いを伝えています。残りはアナの物語になっていて、アナが主人公で自分の思いを伝えているのですが、ちょうど真ん中でそれぞれエルサも「だいじなアナ!もう二度とあなたを離しはしないわ」、アナも「魔法がとけたのよ!これでみんなが幸せになれるのね!」とはぐする形で終了していて、なんと、両側から読むときに、向き(上下)が反対になっています。


エルサはラストページがアナとエルサだけですが、アナのほうはラストページにクリストフとオラフも入っていて、アナらしいなと思いました。

娘のお気に入りの一冊です。
参考になりました。 0人

2388件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中