ピッピ、お買い物にいく ピッピ、お買い物にいく
作: アストリッド・リンドグレーン 絵: イングリッド・ニイマン 訳: いしいとしこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本版「長くつ下のピッピ」、待望の第4弾!

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子8歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

3010件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 海鮮だじゃれ  掲載日:2016/8/29
いかにんじゃ
いかにんじゃ 作: みきすぐる
絵: おおの こうへい

出版社: PHP研究所
かい たこ いかなど海産物のだじゃれを繰り返していた。あわびがおわびした、とか、まきがいがぐるぐるまき、とか。

江戸っぽい中にいか侍が冒険するお話。

幼稚園にはよさそうです。かいのかいじゅうはちょっと気持ち悪いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛がたっぷり  掲載日:2016/8/29
だいすき!
だいすき! 作・絵: さこ ももみ
出版社: 岩崎書店
いろんな動物どうしがだいすき。

泣いてもお互いよしよししている動物たち、可愛すぎる!挿絵もすごくかわいい!!

とこちゃんも、そう、、、パパやママのキスをもらって幸せそう。

とってもハッピーになる本でした。未就学〜幼稚園向け。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しそう!  掲載日:2016/8/29
世界一の三人きょうだい
世界一の三人きょうだい 作: グードルン・メプス
訳: はたさわ ゆうこ
絵: 山西 ゲンイチ

出版社: 徳間書店
親が引っ越し作業で忙しいので、マキシと弟(赤ちゃん)はお兄ちゃんに預けられます。おむつだとも伝え忘れている両親、、、、お兄ちゃんが大変すぎます。

でもお兄ちゃん、意外に面倒みもよくて、おもらしや嘔吐の始末まで頑張って、、、
マキシも朝食作りを頑張り、
赤ちゃんの弟もおむつでなくトイレできるようになって、、、、

すごく素敵な光景ですね。三人で大学の講義にいくのもほほえましい。まあまわりに迷惑がかからなければ。。

最後、面倒がっていたはずのお兄ちゃんもこんな早くに来るなんて、とがっかりしていて、家族愛のよさが伝わります。

ハッピーな本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少し不思議  掲載日:2016/8/29
おかあさんの目
おかあさんの目 作: あまん きみこ
絵: くろい けん

出版社: あかね書房
おかあさんの目にうつる自分を観察するとちょっと面白い。これを読んで、実際にやってみたくなると思います。うちでも少しだけ、やっていました。

でも本では、お母さんが思い出したものまで目にうつる、、、、実際はこんなことはないですが、話としては興味深いですね。

薄いのですぐに読めます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う めがねをかけると、、、  掲載日:2016/8/25
どんどろめがね
どんどろめがね 作: はやし ますみ
出版社: 佼成出版社
泥でつくったどんどろめがねをかけると、、、山が動物に見えてきて、白い花がふくろうに見えてくる。麦畑が巨大猫に、海の波が巨大魚に見えてくる。穴の奥が亀に見えてくる。。。。。

なんとなく自然を感じ取れる本でした。

表紙のタイトルもよく見ると、さっき発見した動物たちの絵で描いた字です。そこは面白いかもしれません。

しかし親が一番気になったのはこの著者のペンネームでした、、、。某有名事件犯人と同じ名前で、漢字がきっと違うのだろうけれど、気になる名前です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハラハラ!  掲載日:2016/8/24
オクサ・ポロック(2) 迷い人の森
オクサ・ポロック(2) 迷い人の森 著者: アンヌ・プリショタ サンドリーヌ・ヴォルフ
訳: 児玉しおり

出版社: 西村書店
ギュスが絵に閉じ込められて、オクサたちが助けに行きます。

ゾエやレオミドの秘密もわかり、驚く展開がありました。

そして、結構憎めない賢いあのこが命を落とします。

切ないけど、ハラハラして、スリルでこの分厚い本をあっという間に読みました。これはぜひ、子供ももう少し大きくなったら読ませたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 微妙〜  掲載日:2016/8/24
ロッタちゃんのひっこし
ロッタちゃんのひっこし 作: アストリッド・リンドグレーン
絵: イロン・ヴィークランド
訳: 山室 静

出版社: 偕成社
娘は夢中になってあっというまに読み終わっていましたが、親目線でいうと、ロッタちゃんがわがまますぎて微妙。

まあ小さい子だから仕方ないけど。

機嫌の悪い日に、大事なセーターにアナをわざとあけては犬のせいにしようとし、ばれるのが怖くなって隣家に家出。

家をちょうだいというのもいまひとつだけど、当然のように食事なんかも請求したり、服も請求しているし。

隣家の人としては大迷惑だと思います。

自由すぎる、、、、
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろすぎる!  掲載日:2016/8/24
うんこちゃん
うんこちゃん 作: のぶみ
出版社: ひかりのくに
8歳の娘が読みましたが爆笑しており、大人気になっています、、、。

かんたろうが生んだうんこは、、、おしゃべりするし、可愛いといわれたくて熊の形になったり、、、そういう問題じゃないんだけど。

妹のあんちゃんもびっくり。

そして肩にのるうんこちゃんをみてママはもう!!!

一瞬切ないけどまた会えるんです、だって、、、、そうだものね。

笑えて面白いです。男の子も好きそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごいファンタジー!  掲載日:2016/8/19
オクサ・ポロック (1) 希望の星
オクサ・ポロック (1) 希望の星 著: アンヌ・プリショタ サンドリーヌ・ヴォルフ
訳: 児玉しおり

出版社: 西村書店
けっこう分厚いので読むのに時間はかかります。

が!

めっちゃおもしろい!

武道が好きな女の子、オクサは実は超能力の持ち主!でも、ありがちなB級感はなくて、すごく面白い。大人に¥が読んで読み応えがあり、悪役の先生も、本当に悪辣で、どきどきしながら読みました。

病気の治療や、病気にするファンタジー的な方法など、とっても描写が良かったです。

中学校くらいから大人までとっても楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣けます  掲載日:2016/8/19
サキの星
サキの星 文: 山口 理
絵: 福田 岩緒

出版社: ひくまの出版
天文家のおじいちゃんと、おじいちゃん子のサキ。

サキは静かで文句も言えないタイプですが、おじいちゃんと過ごし少しずつ強くなっていきます。

そこで、10番目の惑星を発見したと思うおじいちゃんが認知症を疑われて、勝手に学校や近所でぼけたぼけたと言われ始め、怒ります。おじいちゃんもサキがばかにされないように、必死でそれを認めさせようとします。

でも、その努力が必死すぎて、とうとう肺炎でおじいちゃんが亡くなります。

亡くなったけど信じているよ、、、、というおはなし。

切なくて読みきかせ中に親がなき声になってしまいました。娘も聞いていて、「かわいそう」と。今後を強く生きていけるようになった だまりんご が素敵でした。
参考になりました。 0人

3010件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

第5回 『うれしいやくそく』の いしいつとむさん

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
サイン本販売中