30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
野を越え、山越え、すいかたちはいったいどこへ向かうのか!? 奇想天外、あきびんごのナンセンス絵本。

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子8歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

2926件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 農家での生活  掲載日:2016/5/22
ねこのオーランドー農場をかう
ねこのオーランドー農場をかう 作・絵: キャスリーン・ヘイル
訳: 脇 明子

出版社: 童話館出版
ねこのオーランドーが農場をかいますが、どんどん動物が入り込みます。

でも、ねこが指揮をとり、耕し、農作物を植えたり育てたり収穫したり、、、

農作業も書いてあって参考になります。

「まをおいて」ってどういう意味?など娘に聞かれましたが、語彙も増えそう。

でも結構長いので、読むのには時間がかかりました。時間のある時に。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねこたちのレジャー  掲載日:2016/5/22
ねこのオーランドー
ねこのオーランドー 作・画: キャスリーン・ヘイル
訳: 脇 明子

出版社: 福音館書店
ねこたちが、キャンプをたてて、ピクニックしたり泳いだり、お弁当のサンドイッチを食べたり、登山したり、泳いだり。

最後はみんなで音楽を奏でたり。

娘はハープとアコーディオンって何?と言ってましたが、楽しめたようです。

ただ、文章が長いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 文字が多いけど、勉強になります  掲載日:2016/5/22
池上彰・増田ユリヤの今だからこそ世界を知ろう! 2イスラム教・中東問題ってなに?
池上彰・増田ユリヤの今だからこそ世界を知ろう! 2イスラム教・中東問題ってなに? 著: 池上彰/増田ユリヤ
出版社: 汐文社
なかなか難しいですが、なんとか小学校中学年でもわかるように描いてあります。

でも全部理解するのは難しい。

NYテロやIS、難民の話までのっていて、良いと思います。5年10年たつと古くなるかもしれませんが。

ユダヤ教、イスラム教、キリスト教などの話もありました。戦争は本当にいやだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生まれ変わり  掲載日:2016/5/22
かぐや姫のおとうと
かぐや姫のおとうと 作: キム・ジェホン
絵: 三国淳

出版社: 国土社
かぐや姫の兄でも弟でもあったいささ丸が現代によみがえった。

主人公はその話を聞きながら生活するが、二番目の姉がもしかしたら、そのいささ丸の思い人だったかも?

姉をとられてしまうかどうか悩む主人公。

悪くないお話でしたが、全員ハッピーな結末が良かったですね。でも竹細工に興味を持ちました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 漫画家や声優やアニメーター  掲載日:2016/5/22
お仕事ナビ(10) マンガ・アニメに関わる仕事
お仕事ナビ(10) マンガ・アニメに関わる仕事 出版社: 理論社
子供が興味ある職業だったので、娘のリクエストで読みました。

1日の生活や、こういうことをする、給料はこのくらい、などいろんな、周りにいないと聞きにくいことが描いてありました。

ま、漫画家さんのお給料はピンキリではありましょうけれども。

4人の代表の話なのですが、なかなか良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 情景描写が素晴らしい  掲載日:2016/5/22
講談社文庫 しずかな日々
講談社文庫 しずかな日々 著: 椰月 美智子
出版社: 講談社
小学5年生が主人公。お母さんと確執ができ、それの原因はどうやら宗教らしいのだが、おじいさんに預けられて、自然や、食べ物の大切さや美味しい味わい、家族の情愛などをどんどん知っていくえだいち。

そして、友人がいなかったのが、明るい、同じような家庭環境の子と仲良くしてもらって、どんどん世界が広がっていく姿。。

田舎の夏の描写が本当に秀逸で、好きになった作品だ。

大人が読んでも面白い。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たけのこ遊び  掲載日:2016/5/22
たけのこほり
たけのこほり 作・絵: 浜田 桂子
出版社: 福音館書店
たけのこの探し方、美味しいかどうか、絵本で楽しく学び、面白いです。

たけのこを使った見立て遊びとかもいいですね。流しそうめんを書いてくれたらもっといいな。

茹でかたを書いてるのもいい。

あと、いぼのところ甘いのね!知らなかったです。いつかほったらやってみます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 探してみよう  掲載日:2016/5/18
カボちゃんのかくれんぼ
カボちゃんのかくれんぼ 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
文章が長いですが、ついひきこまれて、子供と一緒に読んでいました。

一緒になってついかくれんぼした子がどこにかいてあるか、探してみたくなりますね。

かくれんぼって哀愁漂う感じがしますが、とても楽しく読めました。

子供の気に入っているシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣き虫トマトン  掲載日:2016/5/18
とことんトマトン
とことんトマトン 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
トマトンは泣き虫。

幼稚園に行きたくないときママのまほうで行けるようになって友達ができます。
運動会やだよ、、、というとき、お兄ちゃんの魔法で気合いを入れて走れます。
卒園のときはパパの魔法。笑顔でいられるように。

でも、自分のしたにまんまるちゃんという妹か弟ができるとき、お姉ちゃんだからと笑顔で手伝いを頑張ります。でも、、、、、まだ親に甘えたい!泣いてしまいますが、優しくハグするママ。

素敵な本でしたよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく元気におおそうじ  掲載日:2016/5/18
カボちゃんのおおそうじ
カボちゃんのおおそうじ 作: 高山栄子
絵: 武田 美穂

出版社: 理論社
みんなでするおおそうじって、楽しいなと思える作品でした。

いつも野菜たちが主人公ですが、いきいきしていますね。

子供のころ、掃除をさぼってた男の子たちを思い出して笑えました。

娘も気に入って、面白がっていました。
参考になりました。 0人

2926件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

富安陽子さん、いとうひろしさん対談インタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    【読売新聞で紹介されました】新感覚!下絵が透けて見える、なめらかオイルゲルクレヨン

全ページためしよみ
サイン本販売中