はなび ドーン はなび ドーン はなび ドーンの試し読みができます!
作: カズコ・G・ストーン  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
夏にぴったり!あかちゃんの大好きな、いろ・おと・かたち。

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

2356件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 大声すぎるびっくりヤカちゃん  掲載日:2014/9/29
番ねずみのヤカちゃん
番ねずみのヤカちゃん 作: R・ウィルバー
絵: 大社 玲子
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
ちょっと頭が悪そうなダメダメねずみのヤカちゃん、、、でも、ねずみとりみつけたー! 猫がいたー!、みたいな、大声はダメって言われたのに大声でみんなに知らせるヤカちゃんはかわいい!

でも人間に声が聞こえるねずみってすごいなあと思います。

そして、次に見つけたのは。チーズを食べようとする泥棒!!!そこですかさず ぼくのチーズ!!泥棒! という内容を叫びます。こら、それは君のチーズではないよ、、、と心でツッコミ入れながら読みますが、結局、泥棒はびっくりして逃げるのでめでたしめでたし。さらに、感謝した家主のドドさん一家に毎日チーズをもらえるように、、、。

めでたしめでたしですが、面白いヤカちゃんに、娘は大うけでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ギューバッドとメリュジーヌのお話  掲載日:2014/9/28
講談社青い鳥文庫 黒魔女の騎士ギューバッド(1) 食べて変えよう、あなたの人生!
講談社青い鳥文庫 黒魔女の騎士ギューバッド(1) 食べて変えよう、あなたの人生! 著者: 石崎 洋司
画家: 藤田 香

出版社: 講談社
ギュービッドのおばあちゃん、ギューバッドが若かったころ、今は教師のメリュジーヌ(当時は学生)と一緒に冒険するお話。

占いの男の子を助け、もらったチョコで性別が変わったり、黒魔導士につかまってしまったり、これから冒険の始まり!

正義感の強いギューバッドは黒魔女たちを守るために戦う姿、とってもかっこいい!メリュジーヌが気弱だったけれど徐々にたくましくなる姿も良かったです。

黒魔女さんがとおる!のシリーズの別シリーズで、両方読むのがおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一番好きなプリンセス  掲載日:2014/9/28
美女と野獣
美女と野獣 文: アーシュラ・ジョーンズ
絵: サラ・ギブ
訳: 石井 睦美

出版社: BL出版
私が一番好きなプリンセスがこれです。

外見を気にせず、優しさに恋をしたプリンセスがとても素敵で、親を大切にするところも素敵です。

ただ、野獣が恋に 意外にすぐ 落ちてしまったのは、ちょっと描き方が早めだったように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大草原の小さな家の始まる前のローラ  掲載日:2014/9/25
大きな森の小さな家
大きな森の小さな家 作: ローラ・インガルス・ワイルダー
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 恩地三保子

出版社: 福音館書店
大草原の小さな家の1年前の姿を描いています。

5歳で森の中の家に住むのは大変だなあとか、開拓時代、バターを家族で作るのは大変そうだとか、いろいろ、考えました。

ちょっと長いけど、悪くないですね。続いて全部シリーズを読破したいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う クレヨンでクジラが!  掲載日:2014/9/25
そらとぶクレヨン
そらとぶクレヨン 文: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 金の星社
クレヨンが空を飛んで、きれいな色の線や虹ができます。そしてクジラも描いたら、みんながクジラにのまれちゃう!でも一生懸命、出られました。

ほんわかしていて悪くないけど、この子供たちは小さくて、クレヨンは大きくて、子供って妖精?

設定がわかりにくいので親としてはもう少し長いほうがいいかも。

文章は短いので、3−5歳向け。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 俳優がひどすぎる  掲載日:2014/9/20
ワニのライルがやってきた
ワニのライルがやってきた 作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: 小杉 佐恵子

出版社: 大日本図書
プリムさんの家に、ある日突然ワニがいてお風呂なんかに入っていたりします。家族のもとに「私のワニをよろしく バレンティ」と俳優という男からの手紙があります。しばらく暮らすと、ワニのライルは芸もするし新聞をとりにいったり、食事のセッティングをしたり、ずいぶん手助けしてくれ、みんなの人気者になります。そこへ、バレンティが戻ってきて、「餌代がないからおいていったが、ワニの人気が出て食べていけそうだから返せ」と言います。家族は悲しい気分で返すと、ライルも悲しくて楽しい芸を見せられません。怒ったバレンティはまたライルを家族に渡します。

役者のバレンティが、かなり自己中心的で、勝手においていくのも、取り返すのも、非常にいけないですね。最終的にはライルが幸せになれる家族のところに行けて良かったですが。

娘は「かわいそう」と言っていました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おとなとしてはちょっと困るけど  掲載日:2014/9/12
おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ
おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ 作: ジャンヌ・ロッシュ=マゾン
絵: 堀内 誠一
訳: 山口智子

出版社: 福音館書店
へりくつをつけて、掃除を覚えずに、家を追い出されてもオオカミを翻弄したりだますようにして、楽にいい生活をしているゲルランゲ。まともに頑張るゲルランゲの兄弟リスのほうがかわいそうな気がして残念になります。

最後は、覚えなくてもいいけどと一応は尻尾での掃除を覚えてあげる、、、という終了シーン。

子供としては面白かったようですが、おとなとしてはちょっと困る結末でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い  掲載日:2014/9/11
イソップのおはなし
イソップのおはなし 作: 小出正吾
絵: 三好碩也

出版社: のら書店
1冊にイソップ童話がたくさんつまっています。

あれ、オチがもう少しほしいなあと思う文章表現もありますが、これだけたくさんの童話が入っていたら、充分すぎるほど元はとれます。

小学生低学年向け。おとなが読み聞かせするのであれば、幼稚園生にも、少しずつ読んであげれば充分に理解できると思います。

おすすめできます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 憐れまないように  掲載日:2014/9/5
わたしの足は車いす
わたしの足は車いす 作: ファイニク
絵: バルハウス
訳: ささき たづこ

出版社: あかね書房
主人公のアンナは車いすに乗って、買い物に出かけます。腫れ物扱いも特別扱いもいや!必要なときだけ助けてほしい、、、でも、友達ができて強くなったアンナは、思ったことを言うようになります。

目をあわせないようにしたり、かわいそうと勝手にあわれむことは逆に傷つけいらだたせる、という気持ち、娘につたわるかな?と思いながら読みました。

難しいと思ったようですが、深いけどわかりやすく描いてあり、考えさせられたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カバンにつけるととてもキュート!  掲載日:2014/8/28
はらぺこあおむし キーチェーン型時計 NORMAL
はらぺこあおむし キーチェーン型時計 NORMAL 税込価格: \1,620
秒のメモリはないのが唯一残念ですが、とても可愛いし、文字盤も見やすいです。さっそくバッグにつけていますが、男女問わず、大人にでも、おすすめできる可愛い時計です。しかも安いですよね!

2356件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中