でんしゃがまいります でんしゃがまいります
作: 秋山 とも子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

2306件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 詳しいので、小学生中学年・高学年・中学生にも!  掲載日:2014/7/23
ディズニーアニメ小説版100 アナと雪の女王
ディズニーアニメ小説版100 アナと雪の女王 作: サラ・ネイサン セラ・ローマン
訳: しぶやまさこ

出版社: 偕成社
映画のアナ雪のストーリーを描いた小説。詳しくストーリーや心情を描いているので、絵本ではちょっとなあ、、、という、ちょっと大きな子供に向いています。

挿絵は少ないですが、ストーリーが好きな子供たちはきっと、頑張って読むと思います。

大人が読むのにもよいかと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供も覚えていきますよね  掲載日:2014/7/22
くんちゃんのはたけしごと
くんちゃんのはたけしごと 作・絵: ドロシー・マリノ
訳: 間崎 ルリ子

出版社: ペンギン社
パパの畑仕事を手伝うくまのくんちゃん。すること全て、ちょっとずれていて全然ダメ。パパに叱られてばかりですが、後半はちゃんと覚えて、正しく対処します。

叱って終わりにするのではなく、叱って教えたらまたやらせてみる、という親の姿勢を親がおそわれる絵本でした。子供にも、学びになる一冊です。農家の親子には特におすすめ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人にもおすすめ  掲載日:2014/7/22
チャレンジ ミッケ!(3) コレクション
チャレンジ ミッケ!(3) コレクション 作・絵: ウォルター・ウィック
訳: 糸井 重里

出版社: 小学館
このシリーズのファンですが、この3は比較的ちょうどいいむずかしさで良かったです。

トランプや、ビーズのようなもの、ボタンやロボットなどいろんなアイテムの中に見つけるべきものが隠れているので、男の子、女の子両方におすすめできます。

大人の頭の体操にもおすすめなので、毎晩寝る前に探して子供と遊んでいます。おすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏休み、虫をとるやり方を学べます  掲載日:2014/7/22
せみとりめいじん
せみとりめいじん 絵: かみや しん
監修: かみや しん 奥本 大三郎

出版社: 福音館書店
虫取り名人の男の子、ごんちゃんに、小さいてっちゃんがとりかたを教えてもらいます。せみとり用の自作の網の作り方を学べたり、どうやってとったらとりやすいか考えさせることもできる絵本で、最後から2ページめ、みんみんぜみやひぐらし、くまぜみやあぶらぜみ、にいにいぜみやつくつくぼうし、の鳴き声を知れる部分があり面白かったです。

絵本としてもなかなか良いですが、勉強としてもおすすめできます。小学校一年生・二年生の夏休みの本におすすめ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いろんな動物のしっぽ  掲載日:2014/7/22
しっぽのはたらき
しっぽのはたらき 作: 川田 健
絵: 薮内 正幸

出版社: 福音館書店
しっぽを手のようにつかって捕まるサル、しっぽで気持ちを表す犬、しっぽで虫を追い払う牛、しっぽでバランスをとるリス、しっぽで体を支えるカンガルー、しっぽで舵を変える狐、しっぽで泳ぐいるか、しっぽで音をたてるがらがらへび、相手を痛めるやまあらし、困ったときにしっぽを切れるとかげ、、、、

動物によって違う働きを比較しながら教えてくれる絵本です。小学生低学年向け。勉強にはなりますが、オチがないのは残念。もう少し楽しめる要素があるほうが子供は喜ぶように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白いです  掲載日:2014/7/22
アナと雪の女王 おはなし シールあそび
アナと雪の女王 おはなし シールあそび 出版社: 講談社
アナ雪シリーズで、シールをはって物語になったり、迷路を楽しんだりできる絵本です。内容的には3−5歳の幼稚園向けですが、みんなの大好きなアナ雪なので、きっと、小学校低学年か、中学年くらいまで、大興奮で遊べると思います。

6歳の娘も、気に入って何度もはがしたりして遊んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 難しい!  掲載日:2014/7/10
チャレンジ ミッケ!(2) ゆめのまち
チャレンジ ミッケ!(2) ゆめのまち 作・絵: ウォルター・ウィック
訳: 糸井 重里

出版社: 小学館
今回は結構、工場みたいなものとか機械パーツでできたものを探す感じで、見慣れていないだけにかなり難しかったです。答えがついていたらいいのだけど、、、、時間がかかるので、基本的に、夜寝る前に2か4ページずつ、探して、また翌日の夜、、、と、少しずつ読みました。娘の気に入っているシリーズなのですが、親子で一生懸命探すのがなかなか面白いですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 卵が割れるまで  掲載日:2014/7/4
おきてよおきてよきょうりゅうのあかちゃん
おきてよおきてよきょうりゅうのあかちゃん 作: 畑はつね
絵: マーク・アイルランド

出版社: 幻冬舎ルネッサンス
恐竜の卵がなかなかかえらず、こまったパパ・ママにいろんな動物の親が妙なアドバイスをしてきます。ゆでて見たら?とか、、、、。でも最後にみんなで絵をかくと、うまく割れてきます。

親心もちょっとわかるし、とてもみんなのやさしさが伝わる作品でした。

日本語と英語で書かれているのと、英語で読むと韻が良い感じ、とっても気に入りました。親子で英語の勉強になりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読んだらチェロがうまくなるかも  掲載日:2014/7/4
宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ
宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ 作: 宮沢 賢治
絵: さとう あや

出版社: 三起商行(ミキハウス)
下手くそなチェリストのゴーシュ。でも、練習しているうちにいつのまにか素敵なチェリストになっていきます。

人のために弾くこと、頑張って練習することの大切さを教えてくれるような絵本でした。名作をこういう絵本で読んでいけるのは素晴らしいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なりたい仕事  掲載日:2014/7/4
どんぐりむらのおまわりさん
どんぐりむらのおまわりさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
どんぐりむらのオマワリさん、みんなのためにたっくさん働いて、みんなを助けています。それにあこがれた いっち クン。いっちは、三輪車でこどもおまわりさんとして頑張って助けようとします。一生懸命に優しく頑張る姿、とても素敵で、最後、おじいさんの杖を見つけた、いっちをおまわりさんが家に送って行ってほめてあげます。

今回のどんぐり新聞は、内容もおじいさんの杖を見つけたお手柄写真になっています。毎回、内容が絵本に関係してるので面白い。

あと、今回も表紙カバーにおまわりさんセットがついていて面白いです。子供は遊べます。
参考になりました。 0人

2306件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • 雪の女王
    雪の女王
    作:アンデルセン原作 ナオミ・ルイス文 絵:エロール・ル・カイン 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    アンデルセンの原作を美しいイラストで。

全ページためしよみ
サイン本販売中