宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ほーら、大きくなったでしょ (15) きりん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほーら、大きくなったでしょ (15) きりん

  • 絵本
作: メアリー・リング
写真: ピーター・アンダーソン
訳: そのひかる
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほーら、大きくなったでしょ (15) きりん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年05月
ISBN: 9784566005921

20.7X20.4/20ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぼくはママのそばにいるのがすき。ママは、いろいろおしえてくれる。でも1さいになると、もうりっぱなおとななんだ…。生まれたてから一人前に成長するまでの様子を、カラフルな写真と動物たちのゆかいなおしゃべりで楽しく紹介。小さい生命へのやさしい心を育てる、動物写真絵本。

ベストレビュー

楽しく学べるシリーズ

このシリーズは娘のお気に入りで、図書館へ行くと必ず1冊は借りてきます。
動物の成長過程がよくわかり、親にとってもへー!そうなんだ!と一緒に学べる楽しい本です。

きりんは体の模様でお母さんや子供を見分けるとは!匂いとか鳴き声だと思ってた!
という発見がありました。
主人公が一人前のきりんになったページは両面を縦に開くので、おっきくなったー!と毎回喜んでいます。
どの動物もママと子供が出てくるのも子供にとっては身近に感じるようです。
(マフィーズさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

メアリー・リングさんのその他の作品

ほーら、大きくなったでしょ (13) こうし / ほーら、大きくなったでしょ (14) ぺんぎん / ほーら、大きくなったでしょ (12) こぶた / ほーら、大きくなったでしょ (11) こうま / ほーら、大きくなったでしょ (10) きつね / ほーら、大きくなったでしょ (8) ふくろう

そのひかるさんのその他の作品

ダールのおいしい!?レストラン 物語のお料理フルコース / トラクターがうごけない! / アレクサンダー大王の遠征 / おじいちゃんへのプレゼント / まほうのじゅうたんあそび / トラクターこうじょう



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

ほーら、大きくなったでしょ (15) きりん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット