雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
学校つくっちゃった!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学校つくっちゃった!

作: エコール・エレマン・プレザン
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784591094136

小学校低学年〜
サイズ :23cm x 24cm ページ数 :32ページ

出版社からの紹介

ダウン症のひとたちが自分たちでつくった小さな学校、エコール・エレマン・プレザンの、のびやかで楽しい日々を追った写真絵本。

ベストレビュー

笑顔いっぱいの私の学校

ダウン症の人たちが自分たちのためのアトリエで学校を作る過程が写真とお話で構成されている本でした。

学校を作るって・・・と娘は興味深々でした。

自分の通っている学校のなんて無機質な地味な事に愕然としたようでした。

使う机やカーテン・・も各自の自分だけの物になっていてすごく素敵です。

時間割もありきたりな算数、国語じゃありません。

各自の将来の夢が基盤になった勉強時間が確保されていくのです。


どの写真も笑顔いっぱいで学校が楽しくて仕方ない・・って感じです。

何度見ても色彩豊かなページに圧倒されてうっとりしてしまいます。
この色あいはやはり感性豊かなダウン症の子どもたちの特徴なのでしょうか?

娘と個人的に楽しんだだけですが学校なのでたくさんの人に紹介した絵本だと思います。
(とむままさん 40代・ママ 男の子13歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

学校つくっちゃった!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット