新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ダメダメ やだもん

ダメダメ やだもん

  • 絵本
作・絵: 冬野 いちこ
監: 森 眞理
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥785

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

大きさ:B24取、24ページ

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784097331032

0歳〜6歳
B24取・24P

出版社からの紹介

お子さんの「いや」「ダメ」で困っているママ&パパへ

子さんが急に言い出した「いや」「ダメ」「やだもん」などで困った経験はありませんか? でも、1歳から2歳にかけてのこうした行為と言葉は、この時期の子どもの育ちにとって大切なのです。さてその理由とは…。

あれもこれも「さわってみたい」「やってみたい」「自分のものにしたい」…。こうした姿は、1歳から2歳にかけての子どもにとって、ごくごく自然な姿なのです。でも、この時期の子どものこうした思いはほとんど同じ。ですから、そうした思いがぶつかり合うと【ものの取り合い】になってしまうのです。
「困った」と思わずに、周りの大人はまず順調に育っていると安心してください。そして、【ものの取り合い】などになったら、まずは「遊びたかったのね」などと、声を出してお子さんの思いをしっかりと受け止め、共感してあげましょう。すると、お子さんは【いつも自分のことを大事にしてくれている】という安心感や安堵感で満たされます。この安心感や安堵感を拠り所にして、お子さんは一歩踏み出すことができるようになります。
この一歩が少し背伸びして、お姉さんやお兄さんになって「かしてあげる」とか「いいよ」とか言えるようになることなのです。こうしたことの積み重ねを通して、子どもたちは大人や友達の思いや要求を受け入れたり、応えたりという心が芽生えてくるのです。

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ダメダメ やだもん

みんなで参加しよう!えほん祭

ダメダメ やだもん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット