新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

めぐる季節の話 安房直子コレクション7

めぐる季節の話 安房直子コレクション7

作・絵: 安房 直子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784035409700

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
22cm×16cm/330ページ

出版社からの紹介

連作短編集として最後の作品『花豆の煮えるまで』を中心に、山の季節の移り変わりを描いた作品を収録

ベストレビュー

愛蔵版

安房直子コレクション7です。この作品集には、季節の移り変わりに関係する作品が収録されています。

「緑のステップ」は私の好きな作品なのですが、桜の花から新緑の季節に移り変わる一瞬の時間をとてもうまくとらえていると思います。

「初雪のふる日」は、秋から冬になる一瞬の時間をとらえていますし、確かに存在するけれど、移ろいやすくて見逃してしまいがちな一瞬の変化にこれほどまでに敏感に注目して美しく描き出している作家はいないと思います。

語りの美しさや自然描写の美しさはこの本だけでなく、すべての作品から感じられます。

「花豆の煮えるまで」の中のリボンを木に結わえるというイメージの美しさも安房さんならではだと思います。

エッセイや年譜も収録されており、安房さんの知られざる人となりを知ることができました。

年譜に収録されている作品には、今なお単行本化されていない作品もありますし、絶版のものもあります。

この作品集が元になり、安房さんのすべての作品が読者である私たちに読むことができる日が来ることを願わずにはいられません。

全巻揃えて、いつもそばに置いておきたくなる愛蔵版だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,750円
1,210円
2,420円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
506円
440円
440円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

めぐる季節の話 安房直子コレクション7

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら