もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
めぐる季節の話 安房直子コレクション7
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めぐる季節の話 安房直子コレクション7

作・絵: 安房 直子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784035409700

小学上級から
22cm×16cm/330ページ

出版社からの紹介

連作短編集として最後の作品『花豆の煮えるまで』を中心に、山の季節の移り変わりを描いた作品を収録

ベストレビュー

愛蔵版

安房直子コレクション7です。この作品集には、季節の移り変わりに関係する作品が収録されています。

「緑のステップ」は私の好きな作品なのですが、桜の花から新緑の季節に移り変わる一瞬の時間をとてもうまくとらえていると思います。

「初雪のふる日」は、秋から冬になる一瞬の時間をとらえていますし、確かに存在するけれど、移ろいやすくて見逃してしまいがちな一瞬の変化にこれほどまでに敏感に注目して美しく描き出している作家はいないと思います。

語りの美しさや自然描写の美しさはこの本だけでなく、すべての作品から感じられます。

「花豆の煮えるまで」の中のリボンを木に結わえるというイメージの美しさも安房さんならではだと思います。

エッセイや年譜も収録されており、安房さんの知られざる人となりを知ることができました。

年譜に収録されている作品には、今なお単行本化されていない作品もありますし、絶版のものもあります。

この作品集が元になり、安房さんのすべての作品が読者である私たちに読むことができる日が来ることを願わずにはいられません。

全巻揃えて、いつもそばに置いておきたくなる愛蔵版だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

めぐる季節の話 安房直子コレクション7

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット