新刊
PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ

PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ(フレーベル館)

大人気シリーズ最新刊!

  • 笑える
  • かわいい
フォア文庫 日暮れの海のものがたり

フォア文庫 日暮れの海のものがたり

  • 児童書
作: 安房 直子
絵: 遠藤 てるよ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥616

クリスマス配送につきまして

「フォア文庫 日暮れの海のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1982年03月
ISBN: 9784265010288

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

一つのモチーフから紡ぎだされる作品群

コレクションを読んでから、安房直子作品を再度読み返しています。

6作品が収録されていますが、前半の作品が洋風、後半の作品が和風といえるかもしれません。

今回気になったのは表題作の「日暮れの海のものがたり」でした。

好きな人のために身を捧げるところが「人魚姫」を思わせますし、かめを追い払うために反物で針山をこさえる場面は最近読んだ昔話の「うばのかわ」を思い出しました。

「鶴の家」は死が作品の中に盛り込まれているので、怖さもあります。

こうして私たちが生きている現世というもの、長いように思える時もありますが、実際ほんのつかの間の時間なのかもしれないと読んでいて思えます。

「北風のくれたハンカチ」では、親を亡くしたくまの孤独さが伝わってきました。

孤独なだけでなく小さな喜びを見つけたくまの姿を読んで心が温かくなりました。

安房さんの作品を読むと、安房さんの作品の中にある共通性を感じることが多いです。

「小さな金の針」には、ねずみが出てきますが、針で思い出すのは「おしゃべりなカーテン」、ねずみで思い出すのは「ねずみのつくったあさごはん」です。

共通の部分はそこだけで、全く違った作品に仕上げていくのは、糸を代えることで、同じ雰囲気を持ちながら違う作品に仕上げる織物を見ているような感じすらあります。

一つのモチーフからたくみに何作品もの作品を作ることができたことが安房さんの強味だったように思えるのです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おいしい あまもり
    おいしい あまもりの試し読みができます!
    おいしい あまもり
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    今日は 大雨。こんな日は、天井から雨漏りすることがあるんだ。でも、落ちてくる物は雨だけじゃないよ。


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > フォア文庫 日暮れの海のものがたり

読み心地もさわり心地も満点!『いないいないだーれだ?』

フォア文庫 日暮れの海のものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット