あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくだけの山の家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくだけの山の家

  • 児童書
作: ジーン・クレイグヘッド・ジョージ
訳: 茅野美ど里
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784037267407

小学上級から
四六判・278ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ニューヨークの家を出てサムがむかったのは、曾祖父の住んだ深い森。大木のうろをすみかとし、ハヤブサ「フライトフル」と共に一年をすごします。

ベストレビュー

家出をするなら森へ行こう!

NYの町中で11人の大家族と住む少年、サム・グリブリーは家出をする。
都会の少年が向かったのは、キャッツキル山脈。
曾祖父が苦労して開墾したあげく、自分は船乗りになりたいと気付き捨てた、
忘れ去られた山の農場だ。
森の大木の洞に家を造り、一人で自給自足の生活を送る。
少年のサバイバル生活の知恵は、図書館の本から得たもの。

「家出をする」「一人で暮らす」「木の家に住む」
少年の頃、誰もが一度は考えることをサムは見事にたった一人で成し遂げる。
厳しい山の冬も、知恵を絞って越してしまった。
山の大自然、豊かさ、美しさ、恐ろしさ、寂しさ、厳しさ。
少年の心の葛藤。
見守る大人達の、大らな温かさ。

大人からするとありえないような話しだが、生き生きとして面白く、あって欲しいと願いたくなる。

50年前にアメリカで出版された児童書だが、古さは全くない。
それは、どの時代の少年もサムのような願望を抱き続けているからだろう。
著者の後書き「家出するなら行き先は都会よりも森の方がまし!」の言葉に共感した。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

茅野美ど里さんのその他の作品

エアーマン / 風の少年ムーン / 牧師館の殺人 / なぜエヴァンズにいわない? / 偕成社ミステリークラブ(3) だれかがよんでいる / アクロイド殺人事件



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ぼくだけの山の家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット