ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
カイサのふうせんガム大さくせん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カイサのふうせんガム大さくせん

作・絵: サムリ・ヴァルカマ
訳: 稲垣 美晴
出版社: 猫の言葉社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カイサのふうせんガム大さくせん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

近所のおばあさんの家の窓から、できたてのアップルパイの匂いがしてきました。
あんまりおいしそうなので、食べたくなったカイサちゃん。でも、そのおばあさんは、
怖いロボットらしいのです。だから、気やすく「ちょうだい」なんて言えません。
そこで、カイサちゃんは、アップルパイを手に入れるために、風船ガム218個を使って、
ものすごいことをやってのけました。さすがに、「おてんばマスター」をめざすカイサちゃんね!

ベストレビュー

こどもと、おとしよりのための絵本

色がとてもきれいだったのがきっかけで手にとってみると、おてんばマスターをめざす私好みの元気のいい女の子カイサちゃんが主人公のお話でした。彼女は、怖いロボットだといううわさのあるおばあさんのアップルパイを食べたくて、フーセンガム218こを使った大作戦を考え出し、最後はおばあさんのまがった腰を治してしまうという、なんとも頼もしい女の子です。お話のキーワードがガムとは、さすがキシリトールで有名なフィンランドの本。出てくる3人のお兄ちゃんも、本棚に登ったりカーテンにぶら下がったりと、いたずらいっぱい。そして何よりもおばあさんとのやりとりが素晴らしい。ウッガプッガと叫んだり、ヘッヘッヘコと笑うリズムも楽しい。やさしい気持ちになれる絵本でした。
(8月生まれさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


稲垣 美晴さんのその他の作品

人形劇であそびましょう! / タトゥとパトゥのへんてこアルバイト / わんわん丘のゆかいな昔話 / いつまでも大切なもの / ぐっすりメーメさんのロックばんざい! / オーロラの雪



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

カイサのふうせんガム大さくせん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット