星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
牛太郎、ぼくもやったるぜ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牛太郎、ぼくもやったるぜ!

作: 堀米 薫
絵: 岡本 順
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784333023790

小学校中学年から
A5判・96ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

牛のお産を手伝った、小学4年生の健太郎。
子牛を「牛太郎」と名づけ、兄弟のように育っていきます。
母牛との乳離れや、牛同士の力くらべなどを乗り越えて、たくましく育っていく牛太郎。
そのいのちの力強さに励まされ、健太郎もまた、学校でいじめっ子に立ち向かっていきます――。

ベストレビュー

「生きる」力強さ

堀米さんの作品でぜひ読みたくて、図書館でリクエストしました
牛を飼育している健太郎の家は専業農家で、牛のお産に立ち会うことに
生まれた小牛を「牛太郎」と名づけます

学校でつらい目にあっていた健太郎は、「牛太郎」が牛の世界でボスに成長していく姿に励まされ、自分も負けずにがんばる姿が良かったです

牛の世界でも色々あることがこのお話を読んで、初めて知りました
チャラチャラしていた一樹兄ちゃんにも、夢があって、それに向かって努力している様子もわかりました

「鼻環」の役割や意味も農家ならではの作者の体験が裏づけされているんですね
「生きる」力強さを感じるのは、生き物の世話をしている方の作品だからでしょうか・・・
小学校中学年位から読めると思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀米 薫さんのその他の作品

ゆうなとスティービー / あぐり☆サイエンスクラブ:夏 / 仙台真田氏物語 幸村の遺志を守った娘、阿梅 / モーモー村のおくりもの / 思い出をレスキューせよ! / せんそうってなんだったの?第二期 3松なみ木はもどらない

岡本 順さんのその他の作品

キダマッチ先生! (3)先生 手紙を かく / キダマッチ先生! (2)先生 かんじゃを 食べちゃった!? / キダマッチ先生! (1)先生 かんじゃに のまれる / おれたちのトウモロコシ / カレー男がやってきた! / つきよの3びき



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

牛太郎、ぼくもやったるぜ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット