くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくが犬のあとをつけた夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが犬のあとをつけた夜

  • 絵本
作・絵: ニーナ・レイデン
訳: 加島葵
出版社: カワイ出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくが犬のあとをつけた夜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

絵本ならではの世界が展開します

原題は「The Night I Followed The Dog」

ぼくは犬を1ぴき飼っているという文章で始まります。
何処にでもいる普通の犬。
隣家にいる犬は、歌うしTVのチャンネルもかえることができるし、金メダルも受賞しているので、世界一だと思っていたという設定です。

ところが、夜あとをつけてみると、何と犬専用のナイトクラブで、ボスと呼ばれていたことが判明。
あり得ないことの連続ですが、犬専用のナイトクラブという発想が○。
「なにしろ、犬の1日は大変だからね」
とぼくの犬は発言するのですが、確かに、こんな想いを犬が持っていても不思議ではないと思いました。

ページの右側に絵、左側に文なのですが、その文は絵文字を多用した手書きのもの。
原作ではどうなって記載していたのか?見てみたくなりました。

絵本ならではの世界が展開しますので、気軽に安心して読み聞かせできる作品だと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

加島葵さんのその他の作品

ジャミールの新しい朝 / ウォンバットのにっき / ちきゅうはみんなのいえ / ポスおばあちゃんのまほう / 魔女のウィニー冬は好き? / 魔女のウイニー



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

ぼくが犬のあとをつけた夜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット