新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
たんこぶやまのたんこぶのき

たんこぶやまのたんこぶのき

作・絵: やなせ たかし
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

税込価格: ¥858

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1978年07月
ISBN: 9784333003235

ベストレビュー

とっても深い意味がありそうです。

「先生、この本、とっても面白いよ。」
と、年長児が笑いながら持ってきてくれました。

昼、何にもない山に、空には雲がプカリプカリと浮かんでいます。
夜、その山に、星がぶつかりました。
昼…

と、副題に『ひるとよるのものがたり』とあるように、ひとつの山が刻々と変わっていく様子が描かれています。
ページをめくるたびに、画面の様子がガラリと変わるのを楽しみに、どんどんと進んでいきます。
それが、想像していた通りだったり、そうじゃなかったりと、子どもたちの反応も様々でした。
どこか、子どもたちをひきつけるその表情の描き方は、さすが『アンパンマン』の生みの親。でも、そのお話の奥には、とっても深い意味が含まれているような気がします。
その意味に、いつか子どもたちが気づいてくれることを祈りながら読んでみました。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

たんこぶやまのたんこぶのき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら