ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
赤ちゃんをほしがったお人形
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤ちゃんをほしがったお人形


出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「赤ちゃんをほしがったお人形」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

マトリョーシカがどうして今の形になったの

名古屋市立図書館のおすすめ幼年童話70の中にありました。

おもしろいタイトルだなあと思ったら、マトリョーシカがどうして今の形になったかというお話でした。

最初のマトリョーシカを作ったら、赤ちゃんがほしいと言うのがおもしろかったです。お人形でも母性が目覚めるということがあるのでしょうか。

でも、そうなると次の人形も赤ちゃんをほしがることになります。

話を聞いていた息子が出した解決法が、そのままずばりでした。

ネタバレになるので書けないのが残念ですが、この結末知りたくなりますよね。ぜひ読んでみてください。


作者はブルガリア生まれなのだそうですが、海外児童文学というとイギリス、アメリカがどうしても多くなるので、かえって新鮮味がありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

赤ちゃんをほしがったお人形

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット