宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
岩波少年文庫 2032 とびらをあける メアリー・ポピンズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 2032 とびらをあける メアリー・ポピンズ


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

「岩波少年文庫 2032 とびらをあける メアリー・ポピンズ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年7月10日
ISBN: 9784001120325

出版社からの紹介

待ちに待ったメアリー・ポピンズが、やっと帰ってきました。しかも打ち上げ花火の星にのって! 今回は、子どもたちを、わらべ唄や神話の世界への冒険旅行に案内します。

ベストレビュー

不思議なお話です

ポピンズの登場の仕方が、いつもに増して驚きです。
それは……、打ち上げ花火。
火傷しないんでしょうか!?
賞の題名も、印象的です。

「大理石の少年」が面白かったです。
結構前に読みましたが、記憶に残っています。
不思議なお話でした。
(クック♪さん 10代以下・その他の方 )

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本



>絵本エイド ―こころにひかりを―

岩波少年文庫 2032 とびらをあける メアリー・ポピンズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット